ライティング

【WEBライティング】良い文章を書くためにするべきこと!悪い文章との違いは?

こんにちは!

蒼乃だいです。

 

今回は【WEBライティングにおける良い文章と悪い文章】をテーマにお話ししていきたいと思います!

 

良い文章知れば真似ることができますし、悪い文章を知れば今のあなたの文章と見比べて改善することができます。

また違いを知っておくことで【何がダメで何が良いのか?】ということを全体から見ることができます。

 

つまり良い文章を書くためには悪い文章を知る必要があり、比べて考える必要があるということです。

 

というわけで今回の記事では

  • WEBライティングとはなんぞや
  • 良い文章を書くためにするべきこと
  • 良い文章と悪い文章の違い

についてお話ししていきたいと思います!

 

では、始めていきましょう!

WEBライティングとは?

まずWEBライティングについてですが簡単に言えば「WEB上で文字を書くこと」です。

 

ブログに記事を書くのも何でもそうです。

 

また普通の紙に書く文章との違いとしては

  1. 色々な媒体で読まれること(iphone,PC,ipad)
  2. 基本流し見で読まれる

といった特徴があります。

 

またWEBライティングについては以下の記事で詳しくお話ししていますので、そちらを参照してください!

 

ではでは続いて良い文章を書く際にするべきことをお話ししていきます。

【WEBライティング】良い文章を書くためにするべきこと

ではここからは【良い文章を書くためにするべきこと】というテーマでお話ししていきたいと思います!

またこのテーマでお話しすることは僕個人が感じていることです。

がこれを意識するようになってから良い文章だったり読みやすい文章が書けるようになったので、それなりに効果はあるんじゃないかなと感じています。

 

今回は僕が良い文章を書く際に心がけている3つのポイントについてお話ししていきます!

 

僕が意識している3つのポイントとしては

  1. 気になる
  2. 日本語としてしっかりしている
  3. 読みやすい

というものです。

 

では1つずつ解説していきますね!

①気になる

まず【気になる】です。

といってもこれだけでは分かりづらいですよね。笑

 

WEBで読める文章というのは読者が無料で読めるものですよね(基本的には)

なのである程度【気になる!】という感情が動く文章でなければなかなか読んでくれないということです。

 

なので読んでもらうためには読者が【気になる!】と思うような文章を書いていくのが1番です。

 

例えば、あなたが山田太郎さんのことを好きだとします。

そこでネットで色々と調べて

【山田太郎があなたのことを好きになる方法】といったタイトルの記事があった場合、もうそれはそれは気になりますよね。笑

(こんなことはありえませんが笑)

 

このように読者が気になるようなタイトル、そして文章を書かなければいけないということです。

 

上記の例は突飛しすぎていますが、あなたがクラスの男子のことが好きで

【クラスの男子から8割の確率でデートに誘ってもらうためにすべきこと】

といったタイトルの記事があったら見ちゃいますよね。

 

そしてその記事を最後まで読んでもらうためには、ずっと気になるような文章を書き続けなければいけないということです。

 

無料で読めるWEBの記事はブラウザバックしても読者に損はないですからね。

逆に購入した本などは多少つまらない部分があっても最後まで読みますよね。

 

なので記事タイトルも記事の見出しも記事中も読者が気になるような目を引くような文章を書いていけるように努力をしていきましょう。

【どうやったら最後まで読んでもらえるか】ということを意識して書いていくのがいいですね。

②日本語としてしっかりしている

続いては【日本語がしっかりしている】というものです。

 

まぁ当たり前ですよね。

日本語がしっかりしていなければ読む気が起きないですよね。笑

 

例えば、あのそういった変な文章を書いてもしょうがなかったりするかもしれませんもんね。

いやだからそのアレだよアレ。

あなたのその変な文章を書いてもダメって言うわけではないけれどそこらへんが気をつけなければいけないようなポイントだよね。

 

ね、意味わからないですよね笑

 

まぁ上記のような変な酷い文章にはならないとは思いますが、なるべく日本語として成り立っていて分かりやすい文章を心がけていきましょう!

③読みやすい

最後に【読みやすい】ということです。

こちらも当たり前ですよね。

読みにくいか読みやすいかで言えば読みやすい方がいいですよね。

 

でも読みやすい文章ってどうやって書けばいいのでしょうか?

というわけで僕が意識しているところについてお話しします。

 

読みやすい文章というのは【テンポ】がいい文章だと思っています。

なので文章にはテンポを意識して、記事全体は音楽と思うようにしましょう。

 

こういう、ところ、を、意識して、やってみれば、わりと、読みやすい文章は、かけると思います。

はい。なぜこんな文章を点で細かく分けた方言いますと…

 

 

文章を読んでいる時って、頭の中で声には出さずとも音読しますよね。

 

僕は、結構、やり、がちなんですけど、あなたもやったこと、あったり、するんじゃない、でしょうか?

 

といったようにたぶん頭の中で同じように音読したと思います。

 

 

だからこそ【テンポ】が大事になってくるんですよね。

頭の中で読んでいて、すんなり入ってくる文章。

そういった文章が読みやすい文章かなと思います。

 

なのでなるべく長い文章にはせずに、短い文章で分かりやすく簡潔に伝えるのが大事になってきます。

 

そういった【テンポ】を意識して書いてみてくださいね!

 

 

というわけでいい文章を書く際に意識すべきポイントについてお話ししてみました!

 

もう一度おさらいをすると

①気になる

→WEB上の記事は無料のため、気にならせることが大事

②日本語としてしっかりしている

→あの、そのとかを多用せず分かりやすい文章を心がける

③読みやすい

→テンポを意識して書いてみる

といった感じですかね!

 

ぜひ3つのポイントを意識して書いてみてくださいね〜!

 

ではでは続いて良い文章と悪い文章の違いについてお話ししていきますね!

良い文章と悪い文章の違いは?

0を+にする良い文章の書き方は分かりましたよね。

なのでここからは悪い文章を直す−から0の部分を見ていきましょう!

 

というわけでこの章では【良い文章と悪い文章の違い】について見ていきますね!

 

まず悪い文章ですが

  • 主語がない
  • 主語と述語が対応していない
  • 「もの」「こと」が多い
  • 1文が長い
  • 「あの」「この」「その」が多い
  • 漢字が多い
  • 語尾が同じ
  • 改行がない

などなどですね。

 

というわけでそんな悪いポイントを全部含んだ文章を作ってみました。

 

ブログだけで生活していて、就活時に初めて将来のことについて考えたことがあって就職するか独立するかで悩んでいたことがありました。この独立というのはブログで稼いでいくというもので、でもその道を選ぶのもなかなか難しいものがありました。ブログで稼ぐにはトレンドブログや特化ブログなどがありました。すごくスピードが大切なのでそこはすごく苦労したことかなと思いました。

 

とこんな感じですかね。笑

(悪い文章を作るというのも難しいですね笑)

 

またこれを良い文章にしたものがこちら!

 

僕は現在ブログだけで生活しています。

僕がブログのことを知ったのは就活の時です。

そこで初めて将来のことについて考え、就職するか専業で独立してブログをやるかどうかで悩んだ時期がありました。

 

独立してブログというのはブログで稼いでいくことです。

ただブログで稼いでいくといった道を選ぶのもなかなか厳しく結果的には就職の道を選択しました。

ちなみにブログで稼ぐにはトレンドブログや特化ブログなどがあります。

トレンドブログはすごくスピードが大切なのでそこはすごく苦労しましたね。

 

まぁざっとこんな感じでしょうか。

 

今回例に出した悪い文章を書いたりする人はいないと思いますが、結構無意識のうちにやっちゃっている部分もあると思うので、一度自分の文章を見直してみて、改善していきましょう!

読まれやすい文章を書いていこう。

というわけで今回の記事ではWEBライティングの良い文章と悪い文章をテーマにお話ししてみました!

 

いい文章を書くと言うことはかなり大切なので、出来るだけ読者が最後まで記事を読むような文章を書いていけるように心がけていきましょう!

 

最後までお読みいただいてありがとうございました:)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です