WordPress設定編

WordPressの常時SSL化はするべき!めちゃめちゃ簡単なやり方を解説。

ブログを開設したから記事書こう!

 

とその前にやることがあります。

それが「SSL化」というものです。

 

何やら難しい言葉が出てきましたが…

安心してください。

設定はとても簡単なので!

 

ブログを運営していく上では

必ずやっておきたい設定なので

やっていきましょう!

 

またこの設定は運営が長いほどめんどくさく

1番最初が1番楽なのでブログを開設したタイミングで

やるのがベストです!

 

そんなわけで今回の記事では

「ブログの常時SSL化の方法やメリット」

についてまとめてみました!

 

なのでこの記事を読んで得られることとしては

  • 常時SSL化の方法
  • 常時SSL化をしないとどうなるか
  • 常時SSL化のメリット

といった感じですかね!

 

では、始めていきますね!

WordPressの常時SSL化とは?

まず「常時SSL化」というものが

なんなのか知っておきましょう。

 

常時SSL化とは

簡単に言えばそのサイトを保護する

といった感じです。

 

というのもインターネットの情報というのは

悪意のある人間に簡単に読み取られてしまうのです。

 

例えば個人情報を入力した時とか。

よくあるのは名前とかクレジットカードの情報とか。

 

そんな時にこのSSL化がされていて保護されている状態だと

文字を暗号化して送信するので読み取られなくなります。

 

つまり個人情報などを

読み取られないように保護するというのが

SSL化と考えてください。

 

またGoogle Chromeでは

  • 保護されているサイト(SSL化されている)
  • 保護されていないサイト(SSL化されていない)

ではこのような違いがあります。

 

SSL化されていないものは

これだけでなんか怪しいし怖いですよね。

 

読者さんに不安な気持ちを与えないためにも

SSL化は必要なことなのです。

 

ちなみに

保護されているサイトは「https」からURLが始まりますが

保護されていないサイトはsがなく「http」となっています。

 

こちらも覚えておくといいですね。

常時SSL化をするメリットは?

そこで常時SSL化をするメリットとしては

  1. 文字が暗号化されて送信されるので個人情報を読み取られない
  2. 読者さんに不安を与えない
  3. Googleの評価に含まれる

といった感じですね!

 

3つ目の「Googleの評価に含まれる」というのは

SSL化をしていることが検索エンジンの評価に含まれるということです。

 

つまりSSL化をしていなければ

「していないサイト」としてサイトの評価が落ちて

SSL化をしていれば

「しているサイト」としてサイトが評価される

ということです。

 

検索エンジンの評価はブログで稼いでいくためには

絶対に良くしていきたいものですよね。

 

なのでそういったサイトの評価のためにも

SSL化をしていきましょう!

エックスサーバーの常時SSL化の設定方法!

ではでは。

そんなエックスサーバーの常時SSL化の設定方法について

説明していきますね。

 

①エックスサーバーのインフォパネルのログインページに飛ぶよ!

上記のリンク先に飛び、メアドとパスワードを入力し

「ログイン」をクリック。

 

②ログインできたら下にスクロールして

サーバーパネルの「ログイン」をクリック。

 

③サーバーパネルにログインできたら

ドメインの欄の「SSL設定」をクリック。

 

④ドメイン一覧が出るので今回SSL化するドメイン

「選択する」をクリック。

 

「独自SSL設定の追加」をクリック。

 

⑥設定するドメインかを確認して「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力するは個人のブログであればいらないのでチェックしなくてOKです)

 

独自SSL設定を追加しましたとなります。

 

設定したドメインがきちんとSSL化(https)になっているか確認する

 

⑨また最初はこのような表示がされると思います。

反映には1時間程度かかるので焦らず待ちましょう。

 

これでエックスサーバーでのSSL化設定は終わりです!

WoedPressの常時SSL化設定方法!

エックスサーバーでのSSL化は終わったので、

次はWordPressでのSSL化の設定をしていきましょう!

 

①ワードプレスのダッシュボードに入り、

設定の「一般」をクリック。

 

②今はアドレスのところが「http://」となっていいます。

 

③それを「https://」というように「s」を付け加えましょう。

※ またsは全角ではなく半角で打ち込みましょう。

 

④変更できたらきちんと下にある「変更を保存」をクリック。

 

これでWordPressのSSL化の設定は終わりです!

http→httpsに転送する設定方法!

では最後に

「http」を「https」に転送する設定

していきます!

 

今までのでサイトを保護する設定は出来たのですが

このままだと「http」のURLでアクセスしてきた人はそのまま

保護されていない状態のサイトが表示されてしまいます。

 

なので「http」のURLにアクセスしたものを

「https」のサイトに転送する設定をしなければいけません。

 

またこの設定はあまりいじらないところで

コードなどが出てきて難しい感じがしますが

この記事を参考にゆっくりやれば全然大丈夫なので

安心してくださいね:)

 

では、解説していきます!

 

①エックスサーバーのインフォパネルのログインページに飛ぶよ!

上記のリンク先から飛び、メアドとパスワードを入力し

「ログイン」をクリック。

 

②下にスクロールしてサーバーパネルの「ログイン」をクリック。

 

③サーバーパネルのページのホームページの欄の

「.htaccess編集」をクリック。

 

④今回設定するドメインの「選択する」をクリック。

 

「.htaccess編集」をクリック。

※ 上級者向けの機能と警告が出ますが大丈夫なので安心してください。

 

⑥するとこのようなコードの画面が出てきます。

ここに以下のコードを入力していきます。

 

<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

</IfModule>

(コピペで大丈夫です!)

 

貼り付ける位置としては

最初に入っているコードの上がいいですね。

 

確認できたら「.htaccessを編集する(確認)」をクリック。

 

⑧完成形はこんな感じになります。

しっかりと間違っていないか確認して

OKであれば「.htaccessを編集する(確定)」をクリック。

 

⑨これで「.htaccess」の編集は終わりです!

 

 

確認として自分のサイトを

「http」でアクセスしてみてください。

 

自動で「https」に切り替わるはずなので!

 

 

これでエックスサーバーとワードプレスのSSL化設定と

http→htppsに転送する設定の解説は終わりです!

 

お疲れ様でしたー!

まとめ!

今回は常時SSL化設定について解説しました!

あとからやると面倒な設定なので

ブログ開設時に一緒にやるのが望ましいですね!

 

簡単にまとめると

  1. エックスサーバーでSSL化設定を行う
  2. ワードプレスの設定でURLに「http」を「https」に変更する
  3. .htaccess編集にてhttpをhttpsに転送する設定をする

といった感じですね!

 

最後までお読みいただいてありがとうございました!

【蒼乃だいの公式メールマガジン(無料)】青春大学自由学部。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です