仕事

「新卒入社の会社を辞めたい」と親に相談するべき?上手な伝え方3選

新卒で「仕事辞めたい」という相談は親にするべきか?

新卒で入った会社を辞めたい…

仕事を辞めたいけど親に言えない…

どうやったら親に上手に伝えられるんだろ?

この記事では「新卒入社の会社を辞めたい」ということを親に言えない…といった方に向けて記事を書いています。

かくいう僕も新卒入社の会社を辞める時は親になかなか言えませんでした…

 

一度入った会社は3年間は勤めるべき

もう少し我慢して会社に勤めなさい

辞めてどうするの?

 

など正論を言われてしまう未来が見えて、なかなか親に言えないですよね。

 

そこで今回の記事では「新卒で仕事辞めたい」という相談は親にするべきなのか?ということについて解説していきたいと思います。

新卒入社の会社を辞めたいというのは親に言いづらい

新卒入社の会社を辞めたいというのは親に言いづらい最初の前提として書きますが「新卒入社の会社を辞めたい」というのは親に言いづらいものです。

辞めたいと一言言えば「何を言われるか?」は容易に想像ができます。

 

また

  • 親に心配をかけたくない
  • 親を悲しませたくない
  • 親を怒らせたくない
  • 恩を仇で返すような真似はしたくない

など色々な感情が動いているはずです。

 

僕も新卒入社を会社を辞めたいというのを親に伝える時は、ものすごく緊張しましたし、なかなか言い出せませんでした。

 

ただ「仕事を辞める」ということ自体はおかしなことではありません。

最近は「転職サイト」や「転職エージェント」が多く存在していることもあり、転職が当たり前の時代に入ってきています。

 

今の仕事を辞めて、より良い環境の会社に転職するということは、プラスですよね。

 

しかし昔は一度入った会社を定年まで勤めるというのが当たり前だったので、親はその時の思考で反対するかもしれません。

 

ただ最終決定権は自分にあります。

親を怒らせたくない・心配させたくない・悲しませたくないと考えるのが大切なことですが【自分を悲しませるようなこと】はしないでください。

あおのだい
あおのだい
親がどうこうよりも「自分がどうしたいか?」というのが大事です。

親はだいたい反対する

親はだいたい反対する先ほど「昔は定年まで勤めるのが当たり前」という書きました。

最近は転職が当たり前の時代になってきたものの、この考えはまだ根付いています。

 

ましてや最近のそういった状況を知らない親からすると「新卒で入った会社を辞める」というのは、常識はずれだと思ってしまうわけです。

 

「新卒入社の会社を辞めるなんておかしい」

「一度は行った会社は3年間は勤めるべき」

「1年間も働いていないようじゃ会社のことはわからない」

このように世間一般で言われている正論の台詞を言われてしまいます。

 

あなたが実家暮らしで親が「子どもの様子がおかしい…」と感じている以外を除けば、だいたいの親は反対します。

親が反対する心理とは?

では親が反対する心理とは一体なんなのでしょうか?

 

一つは「本当に新卒で仕事を辞めるのがおかしい」と思っている場合です。

親が働いていた時は終身雇用が当たり前で、転職する人もかなり少ない時代でした。

ましてや新卒入社の会社を辞めるなんていうものは常識はずれでしかなかったわけです。

 

つまり自分が働いていた時の思考で反対しているということになります。

 

今は1年未満で会社を辞めても、転職サイトや転職エージェントを使えば、転職することは可能ですし、それが当たり前の時代に入っています。

 

しかし親はそんなことは知らないので、自分が働いていた時代の昔の価値観で反対してくるわけです。

 

また二つ目の理由としては「子どものことが心配だから」というものがあります。

会社を辞めるというのはどこか「ドロップアウト」するといったような風潮があります。

 

会社で働き続けることが「安定」であり、会社を辞めるということは「不安定」であるという思考です。

 

つまり「子どものことが心配で不安定な生活をして欲しくない」という想いから、反対しているというわけです。

 

ただ何度もいうように最終決定権は”あなた”にあります。

自分がどうしたいからをしっかり考えていくようにしましょう。

親に「仕事辞めたい」と伝えた時の体験談

親に「仕事辞めたい」と伝えた時の体験談

あおのだい
あおのだい
中には反対しない親もいますね…!

 

…親側からの意見も…!

あおのだい
あおのだい
しっかりと自分のやりたいことを考えて伝えるのは大事と言うことがわかりますね。

親に「仕事辞めたい」と上手に伝えるには?

親に「仕事辞めたい」と上手に伝えるには?では続いて親に「仕事辞めたい」と上手に伝える方法について解説していきます。

 

今回紹介する上手な伝え方は…

  1. 事後申告が一番
  2. 転職先を決めておく
  3. 納得する理由を用意する

の3つです。

あおのだい
あおのだい
では1つずつ解説していきますね!

①事後申告が一番

最初から上手な伝え方とはズレるかもしれませんが、親には「事後申告が一番」です。

親は「自分が昔働いていた時の思考」で「あなたのことを心配する想い」から、正論の意見で反対してきます。

 

また親は退職のプロでも転職のプロでもありません。

 

辞めたほうがいいのか、転職したほうがいいのかということは、親は分からないわけです。

 

なので「事後申告で伝える」というのが一番です。

 

事後申告なら「これからどうするべきか、どのように人生を歩んでいくべきか」といった話をすることができます。

 

事前申告だとそういった話もできずに「正論で反対される」ことが多いので、もし本当に辞めたいという場合には「事後申告」するようにしましょう。

②転職先を決めておく

親があなたの退職を反対してくる理由は「昔の価値観であなたを心配してくるから」でした。

 

これらを一気に解決するのが「転職先を決めておく」というやり方です。

 

転職先を決めておけば、昔の価値観を持っている親も何もいうことができませんし、親を心配させることもありません。

 

親に反対されたくないなら、勤めながら転職活動を並行してするのがいいでしょう。

③納得する理由を用意する

しっかりと親が納得する理由を用意するというのも大事です。

親はなんの考えもなしに退職して不安定な人生になるということを心配しています。

 

なのであなたのしっかりとしたビジョンを伝えて「これこれこういう理由だから辞めたい」ということができれば、きっと納得してくれるはずです。

あおのだい
あおのだい
なんの考えもなしに辞めるというのだけはやめましょう。

そもそも最終決定権は自分にある

そもそも最終決定権は自分にあるここまで色々と書いてきましたが【最終決定権】はあなたにあります。

社会に出て働くということは、もう自立した大人であるということです。

 

なんでも親に相談して親が言う通りに動く必要はないわけです。

 

そもそも最終決定権はあなたにあるので、親に反対されようとも「あなたが辞めたい」と考えるなら辞めていいわけです。

 

冒頭にも書きましたが「自分を悲しませるような行為」だけはしないようにしましょう。

 

自分がどうしたいか?をしっかり考えて自分のやりたいように自己責任で選択をしていきましょう。

辞める時は退職代行を使うと良い

辞める時は退職代行を使うと良いただいま準備中です。

辞めた後は転職エージェントを使って転職しよう

辞めた後は転職エージェントを使って転職しようここまで「新卒入社の会社を辞めたいと親に相談するべきか?」といったことについて解説してきました。

 

大事なのは「自分で考えて自分で選択すること」です。

自分を悲しませないようにしっかりと考えて決断していきましょう。

 

また辞めた後は転職サイトや転職エージェントを使って、転職するのが一般的です。

あおのだい
あおのだい
下記におすすめの転職エージェントについてまとめたので、チェックしてみてください。

大手転職エージェントの「doda」

doda
dodaのポイント
  1. 求人数が10万件以上でトップクラス
  2. 幅広い業種の求人がある
  3. 転職者満足度No.1

dodaは大手転職エージェントいうこともあり「10万件以上」の求人を扱っています。

 

また自己分析に使えるツールや、書類作成から面接練習などのサポートの手厚さから、転職者満足度No.1を誇ります。

あおのだい
あおのだい
登録は無料で転職に関する悩みを相談できるので、ぜひ登録しておきましょう。

\「5分」で登録できます/

#dodaに登録する

関連:転職者満足度No.1の「doda」の評判を調べてみた

リクルート社が運営する「リクルートエージェント」

リクルートエージェント
リクルートエージェントのポイント
  1. 求人数が20万件以上でNo.1
  2. キャリアコンサルタントの質が高い
  3. 過去データが多く内定がもらいやすい

 

リクルートエージェントはリクルート社が運営する転職エージェントです。

業界No.1の求人数を誇るので、dodaと合わせて併用して利用するといいでしょう。

 

転職活動するにおいて、dodaとリクルートエージェントは絶対に外せない転職エージェントなので、特に理由がなければ、どちらも登録しておくことをおすすめします。

あおのだい
あおのだい
20万件以上の求人はやっぱり魅力的…!

\「5分」で登録できます/

#リクルートエージェントに登録する

関連:転職エージェント最大手の「リクルートエージェント」の評判を調べてみた

書類選考なく求人の質が高い「就職shop」

就職shop
DYM就職のポイント
  1. 書類選考がないので経歴に自信がなくてもOK
  2. 直接企業に訪問してるので求人の質が高い
  3. サポートが手厚く親身に話を聞いてくれる

 

さらに併用で「就職shop」の併用もおすすめです。

 

就職shopは20代に特化した転職エージェントで、企業に直接訪問しているので、求人の質が高く、文章だけじゃ伝わらない「職場の雰囲気」や「労働環境」といった生の声がわかるのが特徴です。

 

また書類選考なしで面接まで進むことができるのでスピーディーに転職を進めることができます。

あおのだい
あおのだい
大手だけではなく20代に特化した就職shopも併用すると「転職成功率」が格段にUPします。

\「5分」で登録できます/

#就職shopに無料登録する

関連:20代におすすめの「就職shop」のリアルな評判を調べてみた

「新卒入社の会社を辞めたい」と親に相談するべき?のまとめ

「新卒入社の会社を辞めたい」と親に相談するべき?のまとめこの記事では「新卒入社の会社を辞めたい」と親に相談するべき?といったテーマで解説してきました。

 

簡単に内容をまとめると…

新卒入社の会社を辞めると言うと親はだいたい反対する。

 

反対する理由は「昔の価値観で考えているから・自分を心配しているから」というもの。

 

「仕事辞めたい」と上手に伝えるには「事後申告・転職先を決めておく・納得する理由を作っておく」が効果的。

 

最終決定権は自分にあるから、自分で考えて選択することが大事。

 

辞める時は退職代行サービスを使い、転職する時は転職エージェントを使おう。

といった感じですね。

 

新卒入社の会社を辞めたい…というのはなかなか親に言い出せないことですよね。

ただ最終決定権は自分にあるので、自分で考えて、自分を悲しませないように、後悔しない道を自分で選択する必要があります。

 

親に相談するのも大事ですが、自分で考えると言うのはそれ以上に大事です。

しっかりと考えて選択していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です