仕事

新卒で「仕事辞めたい」と思うのは甘えじゃない理由を徹底解説。

新卒で仕事辞めたいと思うのは甘えなのか

新卒で入った会社を辞めたい…

新卒で仕事を辞める人はどのくらいいるの?

新卒で「仕事辞めたい」と考えるのは甘えなのか知りたい。

この記事ではこういった悩みを持つ方に向けて書いています。

 

この記事を書いている僕は新卒で入った会社を辞めて、現在はブロガーとして生活しています。

今回は新卒で仕事を辞めた時のことも振り返りながら【新卒で「仕事辞めたい」と思うのは甘えじゃない理由】を解説していきます。

 

一昔前は終身雇用制で、最初に入った会社で40年近く勤めて定年退職するというのが一般的でしたが、最近は転職も当たり前の時代になってきています。

 

実際に僕は新卒で入った会社を辞めていますが普通に今も生活できています。

 

そこで今回の記事では

  • 新卒で辞める人はたくさんいるのか
  • 新卒で辞めることは甘えなのか
  • 新卒で辞めることのメリット・デメリット
  • 新卒で辞めたほうがいいケース・辞めないほうがいいケース

といったことについて順番に解説していきます。

あおのだい
あおのだい
新卒で仕事を辞めたい…と考えている人は読んでみてくださいね。

新卒で辞める人はたくさんいる

新卒で辞める人はたくさんいる意外かもしれませんが、新卒で入った会社を辞めてしまう人はたくさんいます。

 

厚生労働省が発表している新規学卒者の離職状況では、大卒で新卒入社した人の約3割が3年以内に離職しています。

1年以内だとだいたい10%〜15%の方が退職されています。

 

毎年一定の割合で新卒は会社を退職しているわけです。

あおのだい
あおのだい
だいたい10人に1人が辞めているというわけです…

理由は…人間関係・労働環境が多い

新卒で入った会社を辞めてしまう人の理由の多くは

  • 人間関係
  • 労働環境

です。

 

 

ちなみに僕は「人間関係」が理由で会社を退職しました…。

あおのだい
あおのだい
人間関係ってすぐに解決する問題じゃないし、辞める以外の選択肢がないんですよね…。

新卒で辞めることは甘えなのか?

新卒で辞めることは甘えなのか?続いては本題の「新卒で辞めることは甘えなのか?」ということについてです。

 

最初に結論を書きますが「新卒で仕事を辞めることは甘えじゃない」です。

 

ただ世間的には「甘え」「逃げ」と思われることもあります。

転職が当たり前の時代になってきたとはいえ、一度は行った会社をすぐに辞めてしまうのは、良い印象は持たれません。

 

それがどんな理由であろうと「辞めたことは事実」なので、そういう目で見られる可能性があることは知っておくべきです。

 

しかしブラック企業…労働環境がひどい…人間関係が最悪…パワハラ…などを中心に辞めたほうがいい会社があることも事実です。

 

そのような会社で、世間体や周りの目を気にして、ストレスを抱えたまま働き続けた方がいいのでしょうか?

 

僕はそうは思いません。

僕も新卒として働いていた時は「甘えなのかもしれない」と考えていましたが、無理な時は無理です。

 

世間体よりも周りの目よりも経歴よりも大事なのは「自分」です。

自分が後悔しない選択をしていくことが大事です。

新卒で辞めることのメリット・デメリット

新卒で辞めることのメリットとデメリットでは続いて新卒で会社を辞めることのメリット・デメリットについて解説していきます。

 

ここまでで新卒で会社を辞めるのは甘えじゃないと書きましたが、だからといって辞めるのが正解なわけでもありません。

 

しっかりとメリット・デメリットを知った上で判断していくことが大切です。

あおのだい
あおのだい
後悔しない選択をしていきましょう!

メリット

新卒で会社を辞めることのメリットは…

  1. ストレスフリーになる
  2. 手遅れにならずに済む
  3. 新たな選択肢を探すことができる

この3つです。

あおのだい
あおのだい
では1つずつ解説していきますね。

ストレスフリーになる

会社を辞めるということは、それまで会社に勤めることによって発生していたストレスがなくなるということです。

  • 朝早く起きて通勤すること
  • 満員電車でのストレス
  • 理不尽な上司との関係
  • 会社の劣悪な労働環境

など全てが会社を辞めることでなくなります。

 

社会人のストレスはほぼ仕事から起こるので、会社を辞めることでストレスフリーになります。

手遅れにならなくて済む

これは僕の持論ですが「自分は自分がやばいことに気づきにくい」です。

 

自分は大丈夫と思っていても身体に反応が出ていたり、思ったより傷ついていることは少なくありません。

 

気づいたら鬱状態になっていたり、心を病んでしまったり、自ら命を断ってしまうこともあるかもしれません。

 

仕事というのは人生の大半の時間を占めるものです。

そこでストレスを抱えて我慢して生活を続けるのは、そう簡単なことではありません。

 

もし何かやばいと少しでも感じたら、手遅れになる前に「辞める」という選択肢をとりましょう。

新たな選択肢を探すことができる

新卒で仕事を辞めるということは、若うちから新しい選択肢を探すことができるということです。

 

実際に僕も会社を辞めていなければブロガーなんていう道に進むこともなかったでしょう。

 

若いうちから色々な選択肢を探すことができるのは、かなりのメリットです。

 

逆に40代・50代になってから会社を辞めるとなると、なかなか新しい道に進むのは難しくなります。

デメリット

新卒で会社を辞めることのデメリットは…

  1. 世間体が少し悪い
  2. 収入がストップする
  3. 転職活動が成功するとは限らない

この3つです。

あおのだい
あおのだい
では1つずつ解説していきますね。

世間体が少し悪い

今や転職が当たり前の時代になってきたとはいえ「終身雇用制度が当たり前の人」「石の上にも3年思考の人」はたくさんいます。

 

どんな理由があろうと辞めたという事実は変わらないですし、履歴書や職務経歴書に書く文字にしてしまえば、逃げや甘えと捉えられてもおかしくありません。

なので「世間体は少し悪い」です。

 

もし辞めるのであれば、ここは知っておくべきです。

 

とはいえ、しっかり辞めた理由を説明することができれば大丈夫ですよ。

収入がストップする

これは僕も体験しましたが、収入がストップするというのはかなりデメリットです。

 

貯金がそれなりにある状態ならまだマシかもしれませんが、心もとない場合は覚悟しておきましょう。

 

特に一人暮らしなどで固定費がかかる場合などは要注意です。

 

個人的には貯金だけで半年間は生きていける状態を作っておくと、心にも余裕ができていいかなと思います。

転職活動が成功するとは限らない

最初に書きましたが新卒で会社を辞めるというのは「世間体が少し悪い」です。

つまり転職活動も厳しくなる可能性があります。

 

しかし今は転職エージェントもたくさんありますし、中には第二新卒に特化したものもあります。

 

もし新卒で会社を辞めた時はそういった第二新卒に特化した転職エージェントを利用するといいでしょう。

新卒で辞めた方がいいケース

新卒で辞めた方がいいケースここまでで新卒が会社を辞めることのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

ではこれらを踏まえて、新卒で辞めた方がいいケースと辞めない方がいいケースを見ていきましょう。

あおのだい
あおのだい
まずは辞めた方がいいケースからです。

ストレスで身体に異変が出てきている

先ほども書きましたが「自分は自分がやばいことに気づきにくい」です。

 

自分が大丈夫と思っていても身体に異変が出ることは珍しくありません。

かくいう僕も精神的には「まだ大丈夫」と思っていましたが、身体がおかしくなり、どんどん食欲はなくなっていきました。

 

身体がおかしくなるというのは、やばいということを伝えるサインです。

 

何かおかしいと感じたら病院へ行くなり、会社に意思を伝えるなり行動していきましょう。

人間関係が本当に苦痛

もし人間関係でストレスを抱えているなら辞めるのが得策です。

 

というのも人間の性格というのはそう簡単に変わらないですし、コミュニケーションなくして仕事はできませんよね。

つまり仕事を続ける限り、人間関係のストレスはずっと続くというわけです。

 

またこういった人間関係でのストレスは、あなたがどれだけ真面目に仕事をしていてもミスをしていなくても、悪いことを一切していなくても、起こり得ることです。

 

人間関係が修復可能な場合は続けてもいいかもしれませんが「どうしても無理。限界」という場合はさっさと辞めて、新しい道を探すことも大切です。

あおのだい
あおのだい
合わない人は絶対に合わないですし、人間関係でのストレスはとても辛いですよね。。

会社の労働環境や将来性が悪い

残業が多かったり休日出勤があったり給料が見合ってなかったりと、会社の労働環境が悪い場合は辞めましょう。

 

また将来性が悪く、これから続いてく未来が見えない場合も辞めるのがいいですね。

 

労働環境が悪いまま、仕事を続けるのはストレスですし、すぐに環境が変わるわけではありません。

また将来性がなく、40歳以降で会社が倒産してしまうと、転職活動もなかなかうまく生きません。

 

会社の状況や今後のことを踏まえて判断していきましょう。

新卒で辞めない方がいいケース

新卒で辞めない方がいいケース続いては新卒で会社を辞めない方がいいケースについてです。

めんどくさいから辞める

めんどくさいから仕事を辞めるというのは単なる逃げなのでやらないようにしましょう。

 

当たり前かもしれませんが、めんどくさいから辞めるという思考で辞めてしまうと、今後転職したとしてもうまくいきません。

 

もしめんどくさいというのが理由で辞めるのであれば、他にやりたい仕事を探してから辞めるようにしましょう。

 

そうすることで転職先でも上手くいきやすくなります。

朝起きるのが辛い

めんどくさいと同様に「朝起きるのが辛い」からという理由で会社を辞めるのはダメです。

 

朝起きるというのはどこの会社でも基本的に同じです。

「朝起きるのが辛いから」という理由で辞めてしまうのは「甘え」と捉えられてしまうかもしれません。

 

寝る前や早起きの工夫をするなど色々と実践していきましょう。

大学(高校)とのギャップに耐えられない

新卒にありがちなのが「学生時代とのギャップ」に耐えられないというものです。

 

特に入社直後はこういったギャップに悩まされるかもしれません。

 

ただこれはまだ仕事に慣れていないだけです。

最初こそ、辛いものがあるかもしれませんが徐々に慣れていくので頑張っていきましょう。

新卒で仕事を辞めた後は転職エージェントに登録しよう

新卒で辞めた後は転職エージェントを使おうただいま準備中です。

新卒で仕事を辞めるのは甘えなのか?【まとめ】

新卒で辞めたいは甘えなのか まとめこの記事では「新卒が仕事を辞めるのは甘えなのか?」ということについて解説してきました。

 

簡単に内容をまとめると…

新卒で会社を辞める人はたくさんいる

 

新卒で会社を辞めることは甘えじゃない。

 

新卒で会社を辞めるメリットは…

「ストレスフリーになる・手遅れにならずに済む・新たな選択肢を探すことができる」

新卒で会社を辞めることのデメリットは…

「世間体が少し悪い・収入がストップする・転職活動が成功するとは限らない」

です。

 

新卒で辞めた方がいいケースは

「ストレスで身体に異変が出てきている・人間関係が苦痛・労働環境や将来性が悪い」

新卒で辞めない方がいいケースは

「めんどくさい・朝起きるのが辛い・学生時代とのギャップが辛い」

です。

 

辞めた後は転職エージェントを利用しましょう。

といった感じですね。

 

 

決して新卒で会社を辞めることは甘えなんかじゃありません。

きっとあなたは甘えだからといって「甘えだから会社を辞めよう」とはならないはずです。

 

甘えでも甘えじゃなくても、自分が後悔しない選択をすることが大切です。

 

あなたは自分の人生を生きているので、自分で選択して自分で決めていきましょう。

 

これからあなたの人生がよりよいものになることを願ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です