マインドセット

行動力のない人が行動力を高めたら世界がひっくり返る。

行動力を高める

行動力ある人ってものすごく尊敬できますよね。

行動力があればきっと魅力的な人間になれるだろうし、夢を叶える確率だってかなり高くなります。

でもなかなか行動力って高められるものじゃないし性格的なものもありますよね。

 

ただそこで行動力がないと決めつけてそのまま生きていくのはかなりもったいないです。

行動力のない人間、行動力のある人間。

どちらになりたいかと言われたら必ず後者…ですよね。

そして僕はたった一つ考え方を変えるだけで誰でも行動力がある人間になれると信じています。

 

というわけで本記事ではそんな行動力のない人が行動力を高めて行動力ある人間になるためにはどうすればいいか、といったことについてお話ししていきますね。

行動力の本来の意味について知ろう

クエスチョンマーク

行動力を高めていくには、まず最初に行動力について知らなければいけません。

敵を倒すには敵の技・性格などを知らなければ倒せないのと同じです。

行動力を高めたければ行動力がなんなのかを知るべきというわけです。

 

行動力という言葉をそのまま受け取ると「行動する力」ですよね。

 

行動する力…これって誰しもが持っているものだと思います。

朝起きてご飯を作る行動力、歯磨きする行動力・お風呂に入る行動力…何も行動しない人なんていないですし、毎日何かしらの行動をしていますよね。

行動する力=行動力としてしまうと上記のような例も含まれてしまいます。

 

僕個人としては行動力というのは行動する力ではなく「ある目的のために積極的に自分から行動できる力」のことを指すと考えています。

行動する力ではなく、ある目的のために積極的に自分から行動できる力ということです。

 

もう少しわかりやすくしましょう。

 

例えば漢字の勉強一つとっても

A:学校の宿題で漢字の勉強をする

B:漢検に受かりたいため漢字の勉強をする

といったことだと違いますよね。

 

完全にBの方が行動力があると言えると思います。

 

これが「行動する力」と「ある目的のために積極的に自分から行動できる力」の違いです。

要は目的のために自主的に行動できるかどうかということです。

 

なので行動力を高めるというのは、きちんとした目的を持って自主的に行動できる力を上げていかなければいけないということになります。

行動力のない人の特徴4選

やる気のない犬

行動力の本来の意味がわかったところで行動力を高める方法を知りたいところだと思いますが、その前に行動力がない人の特徴について学んでおきましょう。

行動力を高める人になるには行動力がない人の特徴を知っておいて、それを克服しなければ始まりません。

 

自分に特徴が当てはまっていないか確認しながら読み進めてくださいね。

①めんどくさがり

これは言わずもがなって感じですが仕方のないことかもしれません。

というのも人間は基本的には変化を嫌う生き物でめんどくさがり屋だからです。

 

しかしだからといって基本的にめんどくさがり屋だからとはなから諦めてしまってはいけません。

ただめんどくさがり屋な性格を直す必要は0です。

 

大事なのは自分が「めんどくさがり屋」だと自覚し受け入れた上で、行動していくということです。

めんどくさがり屋はめんどくさがり屋専用の方法を使って行動力を高めていきましょう。

②優柔不断

優柔不断であれこれ考えがちな方は行動力のない人が多いです。

時にじっくり考えることも必要ではありますが、あまりに悩む時間がかかりすぎると決断できなくなってしまい、結果的に行動をとれなくなります。

 

普段から決断に使う時間を短くしていく癖をつけていきましょう。

③自信がない

自信がないということをもっと細かくすると「自分の選択に自信がない」ということに繋がります。

何をするにしても自分の選択に自信がないから思い切って行動することができない。

 

絶対に自分は成功するって分かっていたら行動しやすいですが、自分なんて…といった自信がないままでいるとなかなか行動に移すことができません。

自信を持つためには成功体験を積むことが1番です。

 

日々生活する中で小さな成功体験を積み重ねて自信をつけていきましょう。

▶︎小さな成功体験を積み重ねて大きな成功を呼び込もう

④完璧主義者

完璧主義者は最初の一歩がかなり重いです。

たくさん勉強してからとか100%準備してからというように考えていてはなかなか行動に移すことはできません。

 

例えば完全に英単語とか文法について勉強し理解した上で留学する人と、何も知らないけど、とりあえず留学した人がいるとします。

1年後どちらが英語を流暢に喋れているかといったら後者ですよね。

もしかしたら前者の方は1年後も英語についての勉強を終わらすことができず、留学できないままかもしれません。

 

時にはしっかりと準備をして挑むのも大切ではありますが、ずっと完璧主義者でいると行動力を高めることはできません。

▶︎完璧主義ではなく6割主義の方が成果を出しやすい理由

 

完璧主義者の方は「○月○日に始める」といったように期限をつけるようにしましょう。

完璧にしてから始めるではいつまでたっても始められません。

期限をつけることで強制的に行動するように心がけていきましょう。

行動力ない人が行動力を高めるための思考法

成長していく図

行動力のない人と行動力のある人は何が違うのでしょうか。

個人的な考えとしては「とりあえずやってみる」ということができるかできないかだと思います。

 

先ほどの行動力がない人の特徴から分かる通り

  1. めんどくさがり屋
  2. 優柔不断
  3. 自分に自信がない
  4. 完璧主義者

といったことが行動力のない理由だったわけですが、これを直す必要はありません。

 

これら全ての特徴を持っているとしても大丈夫です。

大事となってくるのはこれらを受け入れた上で「とりあえずやってみる」ということができるかどうかです。

  • めんどくさいけどやってみよう
  • 色々と悩むけどやってみよう
  • 自信ないけどやってみよう
  • 完璧に準備する前だけどやってみよう

といったように「とりあえずやってみる」の意識がとても高いです。

 

WANIMAの曲で「やってみよう」というものがありますがその歌詞の中でこういうものがあります。

「はじめよう やってみよう

誰でも最初は 初心者なんだから

やったことないことも やってみよう」

いい歌詞ですよね。

本当にこの通りで「やってみよう」と思えるかの違いだと思います。

 

大事なのは「とりあえずやってみる」だったり「〇〇だけどやってみよう」といった思考です。

これを普段の生活から意識して取り組めれば行動力を高めていけるでしょう。

 

最初は「お風呂はいるのめんどくさいけど入ろう」といった感じで軽く始められるものから意識していきましょう。

慣れてくると仕事の勉強とかちょっと億劫になるものも行動できるようになると思います。

番外編:作業興奮

ここまで行動力について話してきましたが、ここからは番外編として「作業興奮」についてお話ししていきます。

作業興奮とは簡単に言えば、とりあえずちょっと行動してみたらだんだんとやる気が出てくるといった心理のことを指します。

 

机の上だけと思って掃除を始めたらいつの間にか部屋全体の掃除をしちゃう時とかありますよね。

あれは作業興奮です。

 

体を動かしたり脳を働かせることでドーパンミンというやる気の成分が脳の「側坐核」という部分から出ることでやる気が出てくるんだそう。

また人間は0→1にするエネルギーが1番大きく、1→10に使うエネルギーは少ないと言われています。

 

なので「とりあえずやってみる」という思考で少し行動すると作業興奮でもっとやる気が出てきて、結果的にたくさん行動ができるというわけです。

行動力を高めると人生がひっくり返る

湖がひっくり返っている

とりあえずやってみるという思考で色々なことに挑戦して行動していくと人生は180度ひっくり返ります。

何も行動せずに家でYoutube見たりテレビ見たりスマホいじったりと怠惰な生活を送っているなら、少しでも自分のやりたいことに目を向けて行動してみてください。

そして行動力を高めて見る世界は行動力がない時に見ていた世界とかなり変わっています。

 

行動力を高めて自分のやりたい気持ちに素直に従って行動できるよう本記事で書かれていたことを意識してみてくださいね。

 

行動力を高めて今までと180度ひっくり返った世界でまたお会いしましょう。

▶︎楽しくない人生を楽しすぎる人生に変える方法とは。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました:)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です