マインドセットは大切編

行動力のない人が行動力を高めるには〇〇を変えるだけでOK?

行動力ある人になりたい!

 

これは誰でも思ったことのある事じゃないでしょうか?

行動力があれば仕事でもいい評価がもらえたり、

自分に人生を充実したものにできますよね。

 

しかし頭ではそう考えていてもなかなか行動力というのは身につきません。

行動力を高めるためにも必要な考え方や方法というものがあります。

それを使えば誰でも行動力が身につくと僕は考えています。

 

というよりそもそも誰でも行動力というものは持っています。

それを出せるかどうかの問題だと僕は考えています。

 

この記事を読めばあなたもこれから行動力のある人になれることでしょう。

 

では、始めていきましょう!

行動力とはそもそもなに?

そもそも行動力というのはなんなのでしょうか?

 

その名前の通り「行動する力」だと思っている人も多くいるかと思いますが、

これはちょっと違います。

 

行動力というのは

「目的のために積極的に自分から行動できる力」のことです。

 

行動する力では

・ご飯を食べる事

・歩く事

・テレビを見ること

といった日常的なことも行動力に含まれてしまいます。

 

なので「目的を達成するため」という事と「積極的に自分から」というところ

が大切になってきます。

 

例を挙げるとすると学校の授業などで

英語の勉強をしたとしても行動力があるとは言えません。

 

英語のテストでいい点を取るという目的のために、

自主的に勉強をするのであれば、行動力があると言えます。

 

この「目的」というのと「自主的」ということがポイントです。

 

では行動力の本当の意味がわかったところで、

次に行動力のない人の特徴を見ていきましょう!

行動力のない人には特徴や原因があった!

よく周りにいる人から「あなたは行動力がない」なんて言われて経験はありませんか?

ちなみに僕はあります。笑

自分でも自覚していることですが言われるとちょっと嫌ですよね。

 

しかし行動力のない人には特徴というものがあります。

まとめてみましたので自分自身に当てはめて考えてみてください。

 

①めんどくさがり

まぁこれは説明しなくてもわかりますよね。

 

先ほどの英語の勉強を例とするなら

「英語の勉強したい」と思っても何か理由をつけてやらないということになります。

 

理由としては

・めんどくさい

・体が疲れている

・参考書を買うのがめんどくさい

・机に向かいまでがだるい

などなど。

 

要は「英語の勉強したい」という気持ちと「めんどくさい」という気持ちが

英語の勉強したい<めんどくさい

という構図になってしまっているのです。

 

皆さんにもこういう経験はあるんじゃないでしょうか?

②決断力がない

これも特徴の一つだと言えます。

言い換えると「優柔不断」ということになりますね。

 

優柔不断だとどうなるか。

 

英語の勉強を例に挙げると、

・この勉強方法でいいかわからない

・参考書どれを買っていいかわからない

・単語を勉強すればいいのか文法をやればいいのか選べない

などなど。

 

勉強の方法を一つ選ぶということは、

その他の勉強方法を捨てるということになりますからね。

 

優柔不断であるとそのような事を考えてしまい、

なかなか行動に移せなくなってしまいます。

 

そしてタイミングを失い、なかなか行動できないということになります。

③自分は行動力がないと思い込んでいる

自分は行動力がないと思い込んでいるとなかなか行動ができません。

自信がないと言い換えてもいいかもしれません。

 

自信がないものってなかなか行動できませんよね。

 

学校とかを思い返してみると分かりやすいと思うのですが、

自信のある教科の先生からの質問は手を上げて答えられていたものが、

自信のない教科になると途端に手を上げられなくなることありますよね。

 

自信がないと人はなかなか行動できないのです。

 

逆に自信がある人はガンガンと行動していくことができます。

 

英語の勉強を例に挙げるなら、

「自分は英語の勉強したらした分だけ英語のテストの点数が上がるんだ!」

と自信のある人は即座に行動できます。

 

逆に

「自分なんて勉強してもテストの点数が良くなる自信なんてないよ…」

と思っている人はなかなか行動に移すことができません。

 

あなたも自分が自信があるかどうかを考えてみてください。

④完璧主義

よくありがちなのがここですね。

 

完璧主義な人はなかなか行動に移せません。

 

例えば「気になるあの子をデートに誘いたい!」という目的があったとしましょう。

しかしコミュニケーションに自信がないのでコミュニケーションの勉強をして、

会話に自信が持てたら誘うことにしました。

 

これではなかなか行動できません。

自信がない≒完璧主義

と言ってもいいかもしれません。

 

勉強してから行動に移す。

これは言葉だけ見るといい感じに見えますが、この考え方だと

なかなか行動に移せません。

 

完璧なんてものは無理だと考えて、

とりあえずやってみるという思考を頭に入れておくといいでしょう。

 

⑤失敗をめちゃめちゃ恐れる人

これも当てはまる人は多いのではないでしょうか?

完璧主義と少し似ていますね。

 

失敗を恐れていては何も行動ができません。

とはよく言葉で言われたりしますが本当にこの通りなんですよね。

 

ナンパなどを考えていただくとわかると思いますが、

失敗を恐れている人はナンパなんて出来ませんよね。

 

周りですごくナンパする人がいるのですがその人が言うには

「ナンパなんてほぼ失敗するんだからとりあえずやる」

とちょっとかっこいいことを言っていました。笑

 

しかしこの精神や考え方はとても大切だと思います。

 

失敗のことを考えるから行動ができない。

 

人間なんてどれだけ完璧にしたって失敗することがあるのだから、

失敗のことを考えていてもしょうがありません。

 

失敗の上に成功があるのです。

一回「失敗」という事を考えずに行動してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

などなど。

どのくらいあなたは当てはまったでしょうか?

全部ではなくとも何個か当てはまった人も多いのではないかな、と思います。

 

そんな行動力がない人の特徴を持ったあなた。

 

行動力ない人とある人の違いを知りたくありませんか?

では、次で見ていきましょう。

行動力ない人とある人との違いはたった一つ!

行動力ある人

行動力ない人

 

どちらがいいかと言われたら「行動力ある人」になりたいですよね。

では何が違うのでしょうか?

 

個人的にはたった一つの違いだと思っています。

 

それは「とりあえずやってみる」ができるかできないかということです。

 

行動力のない人というのは、色々と頭で考えてしまう人が多いです。

・これをやったらどのくらい効果があるのか

・今のままで行動しても意味ないのではないか

・自信ないしなぁ…

などなど頭で考えてしまうため、行動できなくなっている人が多いです。

 

それに対して行動力のある人は「とりあえずやってみる」という事が

出来る人が多いです。

 

・効果あるかわからないけどやってみよう

・意味ないかもしれないけどやってみよう

・全然自信ないけどやってみよう

などなど「やってみよう」の意識がとても高いです。

 

WANIMAの曲で「やってみよう」というものがありますが

その歌詞の中でこういうものがあります。

 

「はじめよう やってみよう

誰でも最初は 初心者なんだから

やったことないことも やってみよう」

 

いい歌詞ですよね。

 

本当にこの通りで「やってみよう」と思えるかの違いだと思います。

 

では違いもわかったところで、次に行きましょう。

行動力のある人になるためには〇〇を変えるだけでOK!

「特徴も違いもわかった。

じゃあ実際にどうすればいいの?」

 

というところについて見ていきましょう。

 

かくいう僕も昔は行動力がありませんでした。

 

というのも極度のめんどくさがりな体質で、

何かするなら寝ていたい、といったナマケモノみたいな感じでした。

 

・英語喋れるようになりたい

・筋トレしたい

・本読みたい

・映画見たい

・彼女欲しい

などなどたくさんの願望はあったのですがなかなかそのための行動を

起こす事ができませんでした。

 

全部がめんどくさかったんですよね。笑

また筋トレや彼女に関してはそのための行動が本当に効果があるのか、

無駄じゃないのか、といった事も考えてしまいなかなか行動に移せませんでした。

 

そんな僕が自称・行動力のある人になれた理由はたった一つです。

この考え方をすれば誰でも行動できるようになると思っています。

 

では一個だけ質問しますね。

 

「今あなたにはやりたい事がありますか?」

 

・英語の勉強でもよし

・彼女を作りたいでもよし

・料理上手くなりたいもよし

・資格を取りたいでもよし

 

何かしらやりたいことはあると思います。

しかしそれをなかなか行動に移す事ができませんよね。

 

続いて二つ目の質問です。

 

「なぜあなたそのやりたいことのための行動ができないのですか?」

 

・自信がない

・失敗するかもしれない

・効果がないかもしれない

・知識とかない

・めんどくさい

 

などなどたくさん理由はあることでしょう。

 

さてここからが僕が行動力ある人になれた考え方です。

その今あなたが考えている理由の最後に

 

「けどやってみよう」

 

と付け加えてください。

 

・自信がない けどやってみよう

・失敗するかもしれない けどやってみよう

・効果がないかもしれない けどやってみよう

・知識とかない けどやってみよう

・めんどくさい けどやってみよう

という感じで。

 

この考え方を身につけるだけで行動力は高められると思います。

 

よく理論的に行動力を高める方法を紹介している人もいますが、

個人的には全て考え方が大切だと思います。

 

小さな成功体験を身につけるとか自分ルールを決めるとか…

色々ありますが結局は考え方です。

 

小さな成功体験を身につけたところで「めんどくさい」と思ってしまえば、

もうそれで行動できなくなってしまいますからね。

 

また自分ルールを課しても同じです。

 

全ては考え方にあると思っています。

 

けどやってみようの考え方を身につける事ができれば、

どんな事でも挑戦したり行動できたりすると思います。

 

最初は「お風呂めんどいけどやってみよう」といった

身近なやりたいことでもいいので「けどやってみよう」を意識してみてください。

 

いつか気づいたらあなたは行動力のある人になっていると思います。

行動力の大切さ

ここまで行動力について話してきましたが、

なぜ僕がここまで行動力について話しているかというと、

考え方の中で行動力の考え方が人生を変えるために何より大切な事だからです。

 

シンプルな話ですが「行動」しなければ何も身につきませんし、

それこそネットビジネスの世界では1円も稼ぐ事ができません。

 

よくいう話で宝くじも買わなければ当たらないと言いますが、

それと一緒で行動しなければ稼げないし身につかないのです。

 

また行動できなければそれはもったいない時間の使い方です。

 

よく行動を先延ばしにしてしまうことがありませんか?

僕もたまにあるのですが後から「すごくもったいないことをしたな」

感じています。

 

というのも時間というのは全員に平等なものだからです。

 

自分がだらけている間にも誰かはずっと行動していて、

そういう人ほど充実した人生を送っています。

 

うだうだいって何かに理由をつけて行動しないなんてもってのほかです。

 

行動しなければ何も始まりません。

 

だからこそ僕は「けどやってみよう」の精神が大切だと感じています。

 

行動しなければ何も変わりません。

 

その事を深く自分の心に刻み「行動力の大切さ」を

しっかりと考える事が大切です。

行動力をつければ人生が変わる

最後になりますが「行動力」をつければ何もかもが上手くいきます。

極論かもしれませんが僕はこのように思っています。

 

行動力をつければ人生が変わるといった言葉は

「努力は必ず報われる」といった言葉に似ている気もしますが、

本当にこの言葉の通りです。

 

僕の考える

「けどやってみよう」

の精神を身につければ本当に人生が変わります。

かくいう僕もその1人です。

 

ネットビジネスというのも誰かに強制されるわけではなく

自分でやるかやらないか決めれるビジネスです。

 

だからこそこの「行動力」という考え方が大切になってくるのです。

 

もしあなたが自分のことを「行動力がない」と思っているのなら、

身近なことから「けどやってみよう」という考え方のもと行動してみてください。

 

あなたのその考えで起こせた行動は

必ずあなたの人生を充実したものに変えてていくはずです。

 

行動することに間違いなんてありません。

全てがプラスになるのです。

 

だからこそ「けどやってみよう」の精神で行動していきましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

【蒼乃だいの公式メールマガジン(無料)】青春大学自由学部。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です