マインドセットは大切編

【黄金比率】インプットとアウトプットのバランスは3:7がベスト!

インプットとアウトプットはかなり大切な考え方です。

ビジネスにおいてかなり使われる単語ですがあなたはこれについて考えたことはあるでしょうか?

 

考えたことないなんて人も少なくないんじゃないかなと思います。

 

今回はそんな「インプットとアウトプット」についてお話ししていきたいと思っています。

 

またインプットとアウトプットには黄金比率があります。

その比率についても知っておくことでスキルアップしていく伸び率がぐんと上がっていきますよ!

 

というわけで今回の記事は

インプットとアウトプットについて詳しく知ろう!

って感じですね。

 

では、お話ししていきますねー:)

インプットとアウトプットとは。

まずインプットとアウトプットとはなんなのか。

 

簡単に言えば

インプット→入れる

アウトプット→出す

といった感じです。

 

めちゃめちゃ簡単に言うとですが。

 

要は勉強や研修など何かを学んだりすることがインプットでその学んだとこを生かして何かを生み出したり行動することがアウトプットということです。

 

例を出すならナンパとかですかね。

 

ナンパしたい→コミュニケーションの勉強をする

これがインプットです。

 

実際にナンパをする。

これがアウトプットです。

 

簡単ですよね。

にしてももっとなんかいい例えがあったんじゃないかな、って思いますね。

まぁいいか。笑

 

そんなインプットとアウトプットですがどちらかが偏って多くなってしまうことがかなり多いです。

インプットだけじゃダメ。

インプットが多い場合どうなるか。

 

インプットが多い人というのはたくさん学ぶけど行動しないという方です。

ただ学ぶだけならいいと思います。

自分の中に知識を取り入れたいという目的で知識を取り入れているだけなので。

(歴史を知りたい→歴史の本を読んで勉強するなど)

 

問題は「何か目的がある場合のインプット」です。

 

この場合はインプットだけしても意味ないですよね。

 

例えば英語を話したい!という目的で英語の勉強を始めたとしましょう。

しかし勉強ばかりで話す練習をしていないとしますよね。

 

この人が英語をペラペラと喋れるようになるでしょうか?

答えはNOです。

 

これがインプットだけになってしまう典型例です。

 

要は勉強だけしてアウトプットという行為をしないということですね。

逆にアウトプットだけでもダメ。

しかし逆にアウトプットだけでもダメです。

 

全く英語を知らずに勉強もせずに海外に行って英語が話せるようになるでしょうか?

ならいないですよね。

なったとしてもそうなるまでにかなり時間がかかります。

 

要はインプットとアウトプットのバランスが大切になってくるということです。

インプットとアウトプットの黄金比率は3:7

インプットとアウトプットのバランスは「3:7」がいいと言われています。

これがいわゆる黄金比率です。

 

インプットが3でアウトプットが7。

 

ちなみにとある実験でプロフィールを暗唱するというものがありました。

対象は子供で与えられた時間は9分間でした。

 

そこで覚える時間と練習する時間に区別をつけたんだそう。

 

すると結果は30%〜40%を覚える時間に費やしたグループが1番よかったんだそう。

 

なので3:7、もしくは4:6がいいといったところでしょうか。

 

インプットした倍の時間をアウトプットに使うといったイメージですね。

 

人によっては1:9なんて人もいるかもしれませんし5:5という人もいるかもしれませんが。

 

一般的に黄金比率は3:7と言われていますね。

バランスを意識して行動していこう!

これから何か行動して目的を達成したい!といった場合には

インプットとアウトプットを3:7の比率で意識して書いていくといいと思います。

 

勉強ばっかするのでも行動ばっかするのでもなく3:7。

 

この比率を意識することで伸び率はぐんと上がると思うので^^

 

最後までお読みいただいてありがとうございました:)

【蒼乃だいの公式メールマガジン(無料)】青春大学自由学部。