おすすめ

ロジクールSW-M570 トラックボールマウスを1年間使ってみたレビュー【最高】

ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570

「マウス腱鞘炎」という言葉があります。

これはパソコンを長く使っている人に対して起こる身体の不調のことです。

マウス腱鞘炎になりたくないとはいえ

  • 腱鞘炎にならないためにどんなマウスを使ったらいいのか?
  • 実際にトラックボールを使った感想が知りたい

といった悩みを持っている方も多いと思います。

 

僕自身、ずっと普通のマウスを使っていて、長時間使うと徐々に手首が痛くなったり疲れてくるという事態に陥ったので「ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570」を購入しました。

あおの
あおの
トラックボールのマウスを導入してからは手首が疲れることもなくなったので、かなり良い買い物でした。

 

そこでこの記事では「ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570」を1年間使ってみた感想と題し、様々な角度からレビューをしていきたいと思います。

 

具体的には

  • ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570の概要
  • 実際に使用した時のイメージ写真
  • 1年間使って分かったメリット・デメリット

の順番で詳しく解説していきます。

ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570とは?

文字通り、ロジクール提供のトラックボールマウスのことです。

ちなみにAmazonには

  • SW-M570
  • M570t
  • M570

という型番がありますが違いは保証期間です。

上からのモデルとなっています。

あおの
あおの
僕が使っているのはSW-M570で「保証期間が1年間」のものです。

 

以下概要です。

商品重量249 g
梱包サイズ22.9 x 14 x 6.2 cm
価格4,980円(執筆時)
電池単三型乾電池 1本(18ヶ月間持続)
メーカー型番SW-M570
備考ワイヤレス対応

(引用:Amazon販売ページ

価格は少し高いですが腱鞘炎になるリスク、長時間使っても疲れない、その他様々なメリットを考えると安いかなと思います。

ちなみに僕が購入した時は3,980円でした。(どうして安くなっていたのかは分かりませんがセールをやるときもあるので「少し高い…」という方はセール時を狙うといいでしょう。

そもそもトラックボールとは?

本来のマウスはマウス自体を動かしてカーソルを動かすものですが、トラックボールはマウスの上についてあるボールを指で動かして、カーソルを動かすタイプのマウスとなっています。

自作写真(従来のマウスとトラックボール)

従来のマウスでは肩や腕など全体を使ってカーソルを動かしていましたが、トラックボールは基本的に指しか動かさないので、それだけ手の負担が減るということです。

(一度使うと戻れなくなるのでご注意を…)

【写真付き】実際に使用した時を見てみる

ここからは「ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570」を色々な角度から撮った写真を紹介していきます。

 

上から

左横から

右横から

裏面

 

普通のマウスと違って少し特殊な形をしていて人間の手に合った構造をしています。

あおの
あおの
かなりシュッとしたスタイルで気に入っています。笑

1年間使ってみて分かったメリット・デメリット

僕は「ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570」を2018年11月くらいに購入して、1年間愛用しています。

そこで1年間使って分かったマウスのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリットまとめ

まずはメリットからです。

身体が疲れない

従来のマウスだと肩や腕を使ってカーソルを動かすというのもだったので、長時間パソコンを使用すると身体が疲れてきますが、トラックボールマウスだと動かすのは指だけなので身体が全く疲れません。

特にブログ作業をよくする人や在宅ワークで何かとパソコン作業が多い人にオススメできるポイントです。

操作が楽で便利

トラックボールマウスはカーソルを動かすのは指だけでかなり楽です。

それに加えて「ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570」は便利ボタンがあり、これが物凄く便利です。

このボタンたちに「新しいタブを開く」とか「進む/戻る」といったボタンの設定をすることで、その機能を使うことができます。

自分がよく使うような機能を当てるとすごく便利になりますよ。

ベッドでもソファーでも作業できる

パソコン作業は椅子に座って机に向かってやるのが普通ですが、移動したいときもありますよね。

従来のマウスだとベットやソファーでパソコンを使うことができませんでしたが、トラックボールマウスならマウスを動かすスペースもいらないので、どこでも作業ができるようになります。

あおの
あおの
ちょっとくつろぎながらパソコン作業をしたいときなど便利ですね。

デメリットまとめ

続いてデメリットです。

汚れが溜まる

指でボールを動かしカーソルを動かすという特性上、手垢だったりほこりがどんどん溜まっていってしまいます。

ちなみにボールは裏側から押すと外せます。

ボールを外すとこのような3点があります。

この3点で動きを察知してカーソルを動かしています。

 

なのでこの部分にほこりや手垢が溜まってしまうと上手くカーソルが動かなくなってしまいます。

そのため、ちょこちょこ掃除しないといけないんですよね。

そこで僕個人としてはかなりめんどくさいと感じています。(まぁただ少し綿棒とかティッシュとかでサッとやるだけなので掃除は楽なんですけどね。笑)

ズボラな人とかにとっては凄くめんどくさい作業になると思います。

クリック音が少し大きい

家で使っている分にはあまり思わなかったのですが、静かなカフェとかでこのマウスを使うと「カチカチッ」「カチッ!」と結構クリック音が凄いんですよね。

▼参考音声


(左クリック1回→2回→右クリック1回→2回→左4回→右4回)

このように少し音が大きいので、静かな場所には、あまり適していないかなと思います。

慣れるまでに時間がかかる

従来のマウスをずっと使ってきた僕からすると最初はかなり違和感が凄かったです。

完全に慣れるまでは(毎日使用して)1週間くらいかかりました。

物凄くマウスを動かしたくなる衝動に駆られるのでご注意を。

まとめ:トラックボールマウスの中でもダントツでおすすめ!

この記事では「ロジクールSW-M570」についてまとめてみました。

 

簡単にまとめると…

「ロジクール ワイヤレストラックボール SW-M570」はワイヤレスで使えるトラックボールマウスで、価格は5000円くらい。(保証期間は1年間)

人間の手の形にのっとっていて、シュッとしたスタイルのマウスです。

 

メリットは「身体が疲れない・操作が楽で便利・どこでも作業できる」

デメリットは「汚れが溜まる・クリック音が大きい・慣れるまでに時間がかかる」

といった感じです。

デメリットが多少あるとはいえ、どれもないに等しいものばかりなので、5000円弱で良い買い物が出来たなと1年間使ってみて改めて感じています。

もしパソコン作業をしていて身体が疲れる(特に手)といった場合には購入を検討してはいかがでしょうか。

ぜひとも購入して素敵なマウスライフをお過ごしください。。

 

またTwitterでは「#ブログ初心者を中級者に」というモットーで有益な情報を発信しているので、ぜひぜひフォローをお願いします!

あおの
あおの
この記事が役に立つと思ったらシェアをしてくれると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です