ライフスタイル考える編

就活したくない大学生へ!就職か起業かフリーターの選び方は?

「就活したくないなぁ…」

 

誰もが就職活動の時期に思ったことあることだと思います。

かくいう僕も当時はめちゃめちゃ思っていました。笑

色々と準備するのもめんどくさかったですし、

何よりその期間に全然遊べなくなることがきつかったです。

 

後輩や先輩は遊んでいるのに・・・

といった気持ちがずっとありました。

 

もちろん先輩方もこの道を通ってきているのは

わかりますが卒業旅行だなんだといっている時に

就活か〜、という気持ちは心の片隅にずっとありました笑

 

また周りではインターンで内々定をもらっていたりと

焦る気持ちもありつつ、自分は本当に就職できるのか?

という不安がずっとまとわりついていました…。

就活したくないと思うのはなぜ?

多くの人は就活したくないと思うと思いますが

では何故そのように思うのでしょうか?

(実際に僕の周りでも9割方就活したくない…という人がいました)

 

個人的にあれにはなるのですが

「やりたい仕事がない」というのが1番の理由だと思います。

 

これではモチベーションも上がりませんよね。

 

だって夢があったら就活なんて本気で取り組むはずじゃないですか。

 

もし自分が

 

・歌手になりたい

・アナウンサーになりたい

・先生になりたい

・公務員になりたい

 

などという昔からの夢があれば

どれだけ他の人が遊んでいてもめんどくさくても

本気で就活に取り組むはずですよね。

 

だってそれがどうしても叶えたい夢なんですから。

 

むしろその夢を叶えるために今まで学校に通っていたり

勉強していい点数をとったりしてきたはずです。

就活で頑張らずしてどこで頑張るんだ!

という話になってしまいます。

 

なので「就活したくない」という方は

大前提として「やりたい仕事がない」人だと思います。

 

 

その上で就活が

 

準備が大変だったり

めんどくさかったり

勉強したり

 

と楽に終えられるものではないため

「就活めんどくさ」「就活やりたくない」

といった感情が出てきてしまうのです。

 

またどこの会社でもいいというわけではなく

できればいい会社に入りたいですよね。

 

そのためには適当に就活をするわけにはいきません。

 

つまり

「やりたい仕事は特にないがブラック企業は嫌だし

出来ればいい企業に入りたいけど準備や勉強とかめんどくさいし

就活したくないなぁ」

ということになるのです。

 

ではなぜ就活しなければいけないのでしょうか?

 

そういう時期だから?

周りのみんながやっているから?

親や先輩に言われたから?

 

違います。

 

全て自分で決めたことなのです。

 

では「就活すること」だけしか人生の選択肢はないのでしょうか?

 

いいえ、違います。

 

ただ就活をする時期というだけで

別に就活をしなくてもいいのです。

 

 

僕が就活をしていて1番思ったことなのですが

 

就活は「どんな会社に入るか?」ということを考える時期ではなく

「自分の将来について考える時期」ということです。

 

そこを理解した上で次に進みましょう!

 

就活したくない理由まとめ

やりたい仕事がないから。

就職と起業とフリーターの差とは何?

タイトルにもありますが僕は人生の選択肢は

3つだと思っています。

 

一つ目は普通に就職し会社の一員となること。

 

二つ目は起業と書いてありますが要はフリーランスや個人事業主となって自分で稼いでいくこと。この中に会社を建てることとかも含まれますね。

 

3つ目はフリーターですね。

 

ではこの3つの差はなんなのでしょうか?

まとめてみました!

 

就職 と 起業就職は社会的信用が得られて仕事が与えられる。しかし自由がなくなる。

起業は社会的信用がなく自分で仕事を考えてクリエイティブに働かなければいけない。しかし自由な時間が多い。

起業 と フリーター起業は自由があり働く人を選べて自分の努力分の収入がもらえる。しかし社会的信用が得にくく、稼がなければ終わり。

フリーターはある程度自由があり与えられた仕事をやるため収入もそこそこ。しかし長期的には稼げず長く働くのは難しい。

フリーター と 就職フリーターは社会的信用がなくローンやクレジットカードの時に困る。世間体もあまりよくない。しかし仕事のスタンスは楽で責任も少ない。

就職は社会的信用があり世間体も良い。長い間で働けて安定といった感じ。しかし責任が重い。

 

などなど!

それぞれのいいところわるいところがありますよね。

 

ではそんな3つの選択肢について詳しく「メリット・デメリット」

お話ししていきますね。

普通に就職する【メリット・デメリット】

ここでは就職することのメリットやデメリットについてみていきます。

 

この記事を見ている人は就活したくない人でしょうから

「就職なんてデメリットしかない!」

と思っているかもしれませんがメリットもたくさんあります。

 

ではお話ししていきますね。

就職のメリット

収入が多く休みがある

当たり前ですが収入が多くて休みがあるのは大切なことですよね。

 

また収入があるのが保証されているのはいいですよね。

もし体調不良で休んでしまっても給料の○割は保証されていたり。

そしてちゃんとした会社なら休みもカレンダー通りありますよね。

 

つまり、その会社で与えられた仕事をしていれば

生きていくのには困らないですし休みもあるので

そこそこ安定した幸せな生活が保証されたも同然ですね。

 

個人的に就職することのメリットは

「安定」をもらえる

ということだと思います。

社会的に信用がある

また先ほどからちょこちょこと出てきているワード

「社会的信用」

ですが大切なことですよね。

 

さらにその社会的信用が得られると余裕が出てきますよね。

保険や厚生年金などもありますし就職しないよりかは

信用がや余裕が多いように感じます。

 

また家のローンなどを組む時も社会的信用は

大事ですよね。

最近だとみんな持っているクレジットカードとか。

 

何においても社会的信用というのはかなり大切なものだと思います。

スキルアップしやすい

社会人になるとスキルアップすることがかなり難しくなります。

学校などで教えてくれていたものが全てお金をかけて

教室に通ったりしなければいけませんからね。

 

しかし会社に所属するとそのスキルアップも簡単に

行うことができます。

 

例えば

エクセルが必要な会社なら先輩が教えてくれますし

営業などでは取引先においてのビジネスマナーとか

接客だとコミュニケーションスキルとか。

 

仕事で必要なスキルは仕事をしているだけで

勝手に身についていきますよね。

 

敬語とか言葉遣いもその部類に入りますかね。

 

このように会社に所属することで得られるスキルは

たくさんあります。

 

また勉強が必要な会社ならその分野にすごく詳しくなったりとか。

 

社会人になるとなかなかスキルアップできなかったりしますが

就職するだけでスキルアップできるのはなかなかのメリットなのでは

と思いますね。

就職のデメリット

毎日仕事をする(自由がない)

ここは皆さんも思っていることではないでしょうか?

 

週7日あって5日仕事して2日休みとなると

大変ですよね。

 

割にあっていない気もしなくはないです笑

 

また自由がないと思われる方も多くいるんじゃないでしょうか?

そりゃあ週7日の中で5日も仕事していたら自由がない気がしますよね。

 

そして毎日仕事をするといっても

やる気ない時や元気ない時もありますよね。

しかし会社に所属している以上、そういう時も

朝早く起きて頑張って会社に行かなければいけません。

 

また学校みたいに行って終わりではなく

その後もきちんと元気よく頑張らなければいけないため

エネルギーがハンパないですよね。

 

まぁつまりまとめると

「毎日仕事で自由がない」

ということですね。

着る服や一緒に仕事する相手を選べない

会社に所属するということはその会社の言うことに

全て従うということになります。

 

僕が会社を務めていた頃にあったのですが

「服装自由」と書いてあったくせに

「女性は自由で男性はスーツ」という意味わからないことを言われました。

 

え?

って思いますよね。

 

そして「なんでですか?」と聞くと

「男性はスーツに決まってんだろ!」

とわけのわからないことを言われました。

 

世間的にはそうなのかもしれませんが

別にスーツである必要性ないですよね。

 

このような理不尽なことにも従わなければいけません。

 

さらにこういう変なこと言う人と一緒に

仕事しなければいけないと言うのが苦痛でしたね。

 

明らかにおかしなことを言っているのに

上司だから従わなければいけない…

そういうことを自分で選べないのは就職のデメリットだと思いますね。

長期休暇が取りにくい

またこれも思っている人は多いんじゃないでしょうか?

 

突然ですがあなたは誰かに

「卒業するまでにしといたことがいいことはなんですか?」

と聞いたことはありませんか?

 

おそらく9割の方が

「旅行」と答えるでしょう。笑

(蒼乃だい調べ。)

 

そのくらい社会人で働いている人は

「旅行に行けてない」とうことなのです!

 

つまり「長期休みが取れない」

ということと同義ですよね。

 

またとれたとしても友達と予定が合わなかったりと

結局旅行などには行けなかったりすることが多いです。

 

さらに行きたい時に行けないというのが1番辛いかもしれませんね。

 

 

などなど!

就職することのメリットやデメリットなどについてお話ししました!

どちらも同じくらいメリットやデメリットがあることから

向いてる人と向いていない人がいるんじゃないかな、と思いますね。

 

なので「自分だったらどうなのか」

ということを当てはめて考えてみるといいですね。

 

デメリットとメリットを見比べて

自分にとってプラス!と思ったら就職に向いている人だと思います。

 

ぜひぜひ試してみてくださいね。

 

就職メリット・デメリットまとめ

就職のメリット

・収入が多く休みがある

・社会的に信用がある

・スキルアップしやすい

就職のデメリット

・毎日仕事をする(自由がない)

・着る服や一緒に仕事する相手を選べない

・長期休暇が取りにくい

起業する【メリット・デメリット】

では続いて起業することのメリットとデメリットです。

 

起業というのは難しく「会社を立てるなんて大変だ!」

思う方が多いかもしれませんがそんなに起業というのは

難しいものではありません。

 

ではまずはメリットについてお話ししていきますね。

起業のメリット

やりたいことが自由にできる!

起業すれば全てが自由にすることができます。

先ほど、就職するのデメリットとして会社の言うことに聞かなければならない

というお話をしましたが、起業は会社には所属してないので

全て自分の思い通りに自由に働くことができます。

 

もちろん服装も自由ですし働く相手も選ぶことができます。

 

また朝起きて満員電車に乗って会社に行くこともなく

自分の好きなタイミングに起きて自分の好きなタイミングで

仕事ができるといった自由の生活なのです。

 

好きな時に好きなことができるというのが起業の1番のメリットですね。

自分がやった分だけ収入として返ってくる

また会社に所属していると

1000万の契約を取っても100万の契約を取っても

入ってくる収入は変わりません。

(評価は変わるかもしれませんが)

 

しかし起業をしてうまくいけば

収入は限界がなく上がり続けます。

また自分の成果が全て自分に返ってくるので

モチベーションアップにもつながります。

定年がなくずっと働くことができる

会社に所属していると定年があり一生ずっと働いていくことはできずに

定年後は年金暮らしとなってしまいますが企業であれば

ずっと働いていくことができます。

 

最近では年金もなくなるかもしれませんし

必ずしも保証されているわけでもないですしね…。

 

その点、起業できちんとした収入源があると

それだけで安定した生活を送ることができますよね。

起業のデメリット

安定的な収入の保証がない

当たり前の話ですが起業しても

稼げなければ収入は0です。

 

起業において大事なのは結果です。

 

会社勤めの場合、どれだけ成果を出さなくても固定給が

もらえますが、起業はどれだけ頑張ってもどれだけ時間を使っても

成果が出なければ収入はありません。

 

当たり前の話ですけどね。

 

また収入が0になるだけでなくマイナスにいく場合もあります。

しかしやった分だけ稼げると言う面もあるので

「ハイリスクハイリターン」みたいな感じですね。

 

起業において何かに挑戦するときも安定した収入が別にあると

リスク回避にもなりますし色々とやりやすくなりますね。

失敗も自己責任

起業するということはトップは自分ということになります。

なので責任も全て自分が請け負います。

 

会社に所属している場合は責任も大きいですが

全ての責任を自分がかぶることはありません。

 

平社員なら上司が、上司ならまたその上が…

という風に最終的には社長の責任となります。

 

自分が行動した結果が全て自分に返ってくるので

起業するならその点はしっかりと自分の胸に刻み込むことが大事ですね。

社会的信用がない

会社に勤めているときはその会社が今まで築き上げてきた

社会的信用があるから仕事が成り立っています。

 

主に取引とか商談とかですね。

 

しかし起業となるとその信用を一から築き上げていかなくてはいけません。

 

また安定した職業ではないため、

ローンやクレジットカード会社からの信用も少ないです。

 

そういったところで少し苦労する部分はあるかもしれませんね。

 

 

などなど!

起業においてのメリットとデメリットについてお話ししてみました。

僕個人の話をすると起業家の部類に入るのですが

起業は合う人と合わない人が極端に分かれると思いますね。

 

極論を言えば

「やらなくてもいい」

という環境なので自分をしっかりとコントロールできる人でないと

続けていくのは難しいと思います。

 

これを見てる人は大学生の人が多いと思うので

わかりやすく例を出すと

「テスト勉強とかを家で1人でしっかりと勉強できる人」

は起業にかなり向いていると思います。

 

だってテスト勉強って最悪やらなくていいじゃないですか。

(塾とか家庭教師とかに入っていたら別ですが)

 

家で宿題とか課題とかではなく自主的にテストのために

勉強できる人は自分をコントロールできている人なので

かなり起業家向きなんじゃないかな、と思いますね。

 

まぁ勉強が好き!という人とかを除いてですが。笑

 

また自分が将来どのような理想の未来を描いているのか

 

ということも重要になってきます。

 

一回自分に

「自分の理想の未来はどのようなものなのか?」

ということを胸に当てて考えてみるといいですね。

 

ちなみに僕は「一生自由でずっと青春できる人生」が

理想なので起業家になりました。

 

実際に今それを実現できていますしね。笑

 

起業のメリット・デメリットまとめ

起業のメリット

・やりたいことが自由にできる!

・自分がやった分だけ収入として返ってくる

・定年がなくずっと働くことができる

起業のデメリット

・安定的な収入の保証がない

・失敗も自己責任

・社会的信用がない

フリーターになる【メリット・デメリット】

では続いてフリーターにおいてのメリットとデメリットについて

お話ししていきますね。

 

就活する上において新卒で入れるのは

今の時期だけとか色々と言われたりしますよね。

 

確かにその考えもありますが個人的には

無理に就職するくらいならフリーターをしてやりたいことが

見つかったら就職するという手もありなんじゃないかな

と思いますね。

 

ではそんなフリーターのメリットについてお話ししていきます!

フリーターのメリット

シフトなどが自由に組める

まずフリーターといえど要は「バイト・パート」とかと

同じようなもんなので基本的には自分でシフトを決めますよね。

(バイトによっては決められることもありますが)

 

なので基本的には予定は組みやすく自由に

生活していくことができます。

 

また就職したら取りづらい長期休みも

簡単に取ることができますね。

 

働くところによっては一ヶ月とかではなく

一週間ごととか二週間ごとなどのシフト制のところもあるので

そういうところだとさらに自由度が増しますよね。

 

個人的には

就職→自由度0

フリーター→自由度50

起業→自由度100

といった感じかなと思いますね。

 

フリーターはそこそこ自由があるといった感じですね!

責任が少なく楽に仕事ができる

フリーターは正社員ではないため、

正社員ほど責任は大きくありません。

 

ほぼ学生と変わらないポジションなので

楽に働くことができます。

 

お金を貯めてしたいことがある、

といった場合にはおすすめかなと思いますね。

 

お笑い芸人とか歌手とかの夢を目指す時などにも

フリーターはいいんじゃないかなと思います。

 

わりと楽に稼げますし仕事のことは

そんなに考えなくていいですし。

 

まぁ仕事によって違うかもしれませんが。笑

退職しやすい

また退職しやすいというのも一つのメリットですね。

 

バイト・パートにはそこまで重い仕事を課されずに

誰でも変わることのできるような仕事を任されます。

なので退職しやすいというのが一つポイントではありますね。

 

正社員だと会社側はずっと働くつもりでとっていますし

長期的なプロジェクトとかを任されたりします。

 

また病めるときも退職願などを書いたりと

手続きが少し面倒な感じもありますよね。

 

その点フリーターは辞めやすいので

そういったところもメリットになってくるのです。

フリーターのデメリット

長期的に働くのが難しい

フリーターということで正社員ではないので

長期的に働くことには向いていません。

 

また誰にでもできる仕事を任されていますので

悪いように言えば代わりはいるということになります。

なので別に自分じゃないくてもいいんですよね。

 

そういった意味では歳をとっていくにつれて

若い人を働かせた方がよくなりますし

ずっとそこで働き続けるのは難しくなっていきます。

昇給が少ない(ボーナスがない)

また基本的にはアルバイトなので昇給はほぼありません。

あっても何十円とかそのレベルです。

 

なのでなが〜〜〜〜く働いていても

特に給料が上がることは特にありません。

 

正社員であればだんだんと給料が大きくなっていきますよね。

その点若い頃はフリーターより時給が少なかったりしますが。

 

なのでフリーターは若い頃だけ働くなら

ありなんじゃないかなと思いますね。

社会的な信用がない

また何回もこの記事で出てきている「社会的信用」ですが

フリーターにももちろんありません。

 

ここが正社員との1番の違いだと思います。

 

たとえ給料が同じくらいでも

この信用の差はでかいです。

 

またローンやクレジットカードの時も困りますが

何より「世間体」というのもフリーターはそんなですよね。

 

周りの人の目もありますし、

結婚相手がフリーターだと少し不安にもなりますし…。

 

あらゆる面での信用というのがフリーターでは得ることができません。

 

 

などなど!

フリーターのメリットとデメリットについてお話ししました!

若いうちはいいですが歳をとってからフリーターとなると

少々きついものがありますよね。

 

しかしフリーターを選んではいけないということではなく

「きちんとした目的を持ってフリーターをする」

のであれば全然OKだと思います。

 

あなたがフリーターという選択肢を選ぶ際は

「どうしてそうしたのか?」

ということを自分に言えるようにしておきたいですね。

 

 

以上3つの選択肢のメリットとデメリットをまとめました!

それぞれ色々な面がありましたね。

 

どれがいい、どれが悪いというわけではなくつまりは

「自分がどのような人生を歩みたいか」

にかかってきます。

 

自由な人生がいいなら起業

安定した人生なら就職

夢があったり目標があるならフリーターでお金貯める

 

とか。

 

それぞれの理想に人生にあった選択肢を選ぶ

ということが大切になってくるので自分はどうしたいのか?

ということを考えるようにしてみてくださいね。

 

また選んだら

「じゃあその中で何が1番いいのか?」

ということも考えるようにしてみてください。

 

そのように自問自答を繰り返すことで

あなたの理想の人生に近づいていきますので。

 

フリーターのメリット・デメリットまとめ

フリーターのメリット

・シフトなどが自由に組める

・責任が少なく楽に仕事ができる

・退職しやすい

フリーターのデメリット

・長期的に働くのが難しい

・昇給が少ない(ボーナスがない)

・社会的な信用がない

決して「就活しなければならない」という訳ではない!

さてさて今までいろんなお話をしていきましたが僕が言いたいのは

「就活をしなければいけないわけではない」

ということ!

 

周りがやっていたり世間体とかがあったり

一生に一度の新卒で就職できるチャンスを逃すとか

そんなの関係ありません。

 

要は「自分が何をしたいか」ということなのです。

 

また日本は大学生のうちに就職活動をしていますが

 

海外とかは大学卒業した後にちょっと遊んで

「そろそろ仕事するか〜!」

という感じの国も多いのだとか。

 

色々な人生があると思うので

いろんな選択肢を知った上で考えるようにしてみてください。

 

では続いて起業家の道に進んだ僕の話をしますね。

僕が起業家の道に進んだお話。

現在、僕は起業家としてパソコン1台で活動しているわけなのですが

なぜ僕がそのような道に進んだのかというお話をしていきますね。

 

当時僕は大学生で就職活動の時期でした。

 

しかし僕は就活はめんどくさいししたくないしやりたい仕事も

特にないといったちゃらんぽらんでした。

なので就活も情報解禁日に一緒にスタートしました。笑

(アホすぎる…)

 

そこでまぁ可もなく不可もないような会社に内定をもらい

「おわったおわった!あそぶぜ!」

といった感じでずっと遊んでいました。

 

がしかし心の中にはどこかいつも不安がまとわりついていました。

 

「本当に俺はこの会社でいいのかな…」

「もっと他に選択肢があるのかも」

 

そこで色々と調べていくうちに

「起業家」

としての道が出てきたのです。

 

その方法として

「ブログで稼ぐ」

という方法を知ったのです。

 

「これなら俺にもできる!」

 

と思い、就職はしながらもブログで頑張ることに。

 

結果的には辞めてブログ一本で現在は生活しています。

 

 

おしまい。笑

 

といった感じですね!

 

僕が最初に就活をした理由としては

「知らなかったから」

という一点です。

 

というのも僕は前から

「普通の仕事はやだな」と考えていました。

がしかしその他の選択肢を知らない。

 

結果、普通に就活することになったのです。

 

きっとブログで稼ぐという選択肢を知っていたなら

就活せずに大学生の時はそれをやっていたことでしょう。

 

だってそれが僕の理想に人生に1番近いものなんですから。

 

なので今この記事を見ているあなたはだいぶラッキーです。

 

だって起業家の道もフリーターの道も

あることを知ったんですから。

 

知っている上で人生の選択肢を自分で考える。

これが1番大切なことです。

あなたのこれからの選択肢!結局どうすればいいの?

さてさて体験談も含めて色々とお話ししてきましたが

「じゃあ結局どうすればいいの?」

ということについてお話ししていきますね。

 

僕は冒頭で

「やりたいことがないから就活したくない」

といったことを話しました。

 

僕はこう思います。

 

「やりたいことがない人なんていない」

 

と。

 

なのでこの文章にはある文字が隠されています。

それが

「(仕事の中で)やりたいことがないから就活したくない」

ということです。

 

 

「仕事の中でやりたいことはないけど

他にやりたいことはあるよ」

 

これがほとんどの人が思っていることだと思います。

 

例を挙げるならば

 

「美味しいご飯が食べたい」

「友達と遊びたい」

「一生寝ていたい」

「旅行に気軽にいきたい」

 

などなど。

 

誰だって上記のようなことをしたいですよね。

 

だったらそれができる人生を選べばいいんです。

もし「美味しいご飯が食べたい」なら飲食関係の仕事に就くのもいいし

「旅行に行きたい」ならツアーコンダクターとか。

 

また旅行に行きたいけど仕事関係じゃないのがいい!

というのであれば就職せずとも

お金を稼ぐことが大切になってきます。

 

まとめると

 

Step1 やりたいことを考える(仕事でも仕事以外でも)

Step2 それをどの選択肢ならできるのか考える

Step3 また選んだ選択肢の中でさらにどれが1番いいのかを模索する

 

ということです。

 

例を挙げるならば

 

Step1 海外に住んで暮らしたい!

Step2 海外勤務があるような仕事でもいいしフリーターでお金を貯めて

海外にとんで仕事するのもいいし起業してお金を稼ぐのもありだな…

Step3 起業は何していいかわからないしフリーターは貯まるまで時間かかるしなぁ…海外勤務のある会社調べてみよう!

 

といった感じになります。

 

自分が何をしたいのか

そして

それをどの選択肢なら実現できるのか

 

ということを考えるのが大切になってくるのです。

就活の時期は人生で1番大切な時期だよ?

ここまで長々とお話ししてきましたが

就職活動は人生の中で1番大切な時期です。

 

というのも就活して内定をもらうのが大切だ!

と言っているわけではなく「自分の人生に向き合う時期だから大切」

ということです。

 

かくいう僕も就活の時期に初めて

自分の人生について考えました。

 

そして色々考えた結果

「起業家」という道を選んだのです。

 

なので今就活で悩んでいるなら

「自分の理想の人生」についてきちんと考えるのが

1番大切だと思いますね。

 

あなたの人生が理想の人生に

一歩でも近づけるように願っています。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【蒼乃だいの公式メールマガジン(無料)】青春大学自由学部。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です