ライフスタイル

ダラダラしない時間の使い方を学ぶと人生の充実度が激変するって話。

机に置いてある時計

時間の使い方が上手い人というのは人生の充実度が高いと言い換えることができます。

人生は噛み砕くと時間をどう使うかってことですからね。

だからこそ「時間の使い方」は上手くなっておく必要があります。

 

人生を充実させたければ時間の使い方を学ぶのが1番の近道です。

 

がしかし「私は時間の使い方が上手い」と言える人ってなかなかいません。

家でだらだらテレビやYoutubeを見てしまったり、気づいたら時間が経っていて「今日1日何してたんだろ…」と振り返ったりしたことも多々あると思います。

ただそんな時間も「時間の使い方が上手い人」は色々なことに挑戦し失敗したり成功したりと充実した時間を過ごしています。

 

この差はかなり大きいですよね。

この差を埋めるためにも本記事で時間の使い方を学び、人生に生かしていきましょう。

時間の使い方が下手なあなたへ。

大きなあくびをする猫

冒頭でも書きましたが時間の使い方が下手というのは人生の充実度を下げる行為です。

 

時間の使い方が下手だと様々なデメリットが存在します。

余裕を持って行動できなかった・やりたいことをする時間を作れなかった・効率よく勉強ができない・同じ時間でも他の人より進むのが遅い…などなど。

他にもたくさんのデメリットがあると思います。

 

これってすごく勿体無いですよね。

逆に時間の使い方を学べば全て解決することができますし、何より自分の人生の充実度を上げることにつながります。

 

時間の使い方が下手なまま過ごす1日も時間の使い方を学んで効率よく過ごす1日も同じ1日です。

どちらがいいかと考えなくても答えは後者ですよね。

 

では時間の使い方が下手な人と上手い人、実際にどういった違いが存在するか次の章から見ていきましょう。

時間の使い方が下手な人の特徴3選

眠そうな猫

時間の使い方が上手い人になるためにはまず下手な人と上手い人の特徴を実際に知っておかなければいけません。

下手な人の特徴は対策を考え改善し、上手い人の特徴は真似していきましょう。

 

まずは下手な人の特徴です。

①優先順位を考えていない

優先順位を考えていないということは、別に急ぎでもないことから始めてしまったり、あれこれ手を出して、結局最優先されるべきことが片付いていないという事になりがちです。

 

また優勢順位を考えていない人の中には大事なことを後回しにしてしまう性格が多いです。

夏休みの宿題を最終日ギリギリになって焦るタイプの人とかですね。

 

そしてこういった優先順位の話をする時に出てくるのが「時間管理のマトリックス」です▼

これは簡単に言えば「緊急性」と「重要性」を考えて、優先順位を決めていきましょうといったものですね。

 

このように自分の抱えている仕事だったりやるべきことを「緊急性」と「重要性」に分けて考えてみると優先順位をつけやすくなります。

 

そして「今何を最優先で片付けてなければいけない事なのか」を考えて、優先順位をつける癖をつけていきましょう。

②最低値で考える

最低値で考えるというのは自分のやる事に対して「最短時間」で考えてしまうということです。

 

例えば家から駅まで最短で15分なら「15分」で考えたり、宿題が1ページ5分で終わるから12ページ「1時間」と考えてしまう。

このように何事も最低値で考えてしまうというわけです。

 

この最低値の考え方だと「遅刻魔」だったりしますね。

余裕を持って計算できていないから遅れてしまうのです。

 

最低値ではなくもう少し余裕を持って、家から駅まで15分かかるなら20分で見積もったり、1ページ最短5分であっても7分くらいで考えておくようにする。

このように少し最低値から余裕を持って考えておくと、急ぐこともせかせかすることもなく過ごすことができるわけです。

③自分を把握していない

自分を把握していないと自分のことを過大評価したり過小評価してしまいます。

となると家から駅まで徒歩15分と考えていたけど、実際は20分かかってしまったといった事態に陥ってしまうわけです。

 

徒歩15分は全員にとって15分ではありません。

また逆に歩くスピードが早く徒歩15分のところ10分でついてしまう可能性もあります。

 

自分のことを把握していないとこのように時間に間に合わなかったり持て余してしまったりするわけです。

 

なので時間の使い方が上手くなるには「自分のことをきちんと把握しどのくらいで終わるのか」ということを理解しなければいけません。

時間の使い方が上手い人の特徴3選

目が開いている猫

続いて上手い人の特徴です。

①即断即決

即断即決のスキルを身につけていると迷う時間がグッと少なくなるため、時間の使い方も上手くなります。

 

例えば何かを買うのに色々考えて10時間かかる人とパッと決めて30分で買う人では9時間半の差があります。

即断即決をするということはこの「9時間半」の時間を生み出しているようなものです。

逆に迷って迷って10時間かかって決める人は9時間半もの時間を失っていると言えるでしょう。

 

これに繋がって「基本的に連絡が早い」というのも時間の使い方が上手い人の特徴です。

つまり後でやろうといった意識がないということです。

いつかやらなければいけないことは素早くさっと終わらしてしまいましょう。

特に連絡なんて5分もかからないものが多いですからね。

 

大事なのは即断即決のスキルを身につけて時間を生み出すことです。

②スキマ時間を活用する

朝と夜の通勤時間・トイレ・歯磨き中など日常には様々なスキマ時間が存在します。

 

このスキマ時間一つ一つ見たら大したことのない時間かもしれませんが、チリも積もれば山となり大きな時間となります。

この時間をダラダラ過ごすのではなく活用していければ時間の使い方が上手いといえるでしょう。

 

なのでスキマ時間に何するかを事前に決めておくようにしましょう。

③朝に強い

よくこういった時間の使い方で例えられるのが「1日に24万円使える財布があるが、それは次の日に持ち越せない。どう使うべきか」といった例え話があります。

このように言われたら誰もが残さず使いますよね。

 

ただ僕ら人間は睡眠を必要としているために24万円を全部使えません。

がしかし早く起きることができればその分、お金をもらうことができます。

つまり朝に強い人は人より多くのお金を使えるわけです。

 

ここでお金を時間に戻すと「朝に強い人は人より多くの時間を使える」ということになります。

朝活という言葉もあるくらいですしね。

1日30分の早起きでも、1ヶ月で15時間使えますし、1時間の早起きなら30時間使うことができます。

たった1時間の早起きで1日増えるわけです。

▶︎早寝早起きのススメ

 

早起きはなかなか習慣化するのが難しいですが、身に付けることができれば時間の使い方が上手くなるでしょう。

【Step5】効率の良い時間の使い方を知ろう

テーブルの上に置いてある時計

時間の使い方が上手い人は効率の良い時間の使い方というものを知っています。

才能とかセンスとかではなく知っているか知らないかの違いです。

なので効率の良い時間の使い方を知り、実践することができればあなたも時間の使い方が上手くなるということです。

人生を充実したものにするためにも重要なのでしっかりと知っておきましょう。

Step1:見える化する

あれもやらなきゃ・これもやらなきゃと頭がこんがらがったまま、思いついたものをやっていくのはあまりに非効率です。

時間の使い方が上手くなるにはしっかりとやるべきことを見える化することが重要です。

 

今何をすべきかというのが頭に入っていても全体を把握することはできません。

なので紙に書き出したりマインドマップを作成し「見える化」していきましょう。

▶︎マインドマップ作成ツール「Xmind」

 

またやるべきことを見える化するとともに、今自分が何に時間を使っているかというのも見える化していきましょう。

時間の使い方が下手なのを改善するには自分が何に時間を割いているかを知ることがかなり大事です。

 

そしてもったいないところはないか・無駄な時間はないかということを探していきましょう。

 

しなければいけないことは

  1. やるべきこと
  2. 何に時間を使っているか

を見える化することです。

Step2:優先順位を考えスケジュールを組む

「やるべきこと」と「何に時間を使っているか」が見える化出来たら、次は優先順位を決めてスケジュールを組みましょう。

また優先順位を組む際は先ほど紹介した「時間管理のマトリックス」を使うといいですね▼

何が「緊急」で何が「重要」なのかということを考えながら優先順位を決めると、効率よく時間を使うことができます。

 

そして優先順位を決めた後は、どのくらい時間を使うのかということを決めていきましょう。

ただ単に

  1. A
  2. B
  3. C

と決めたものを

  1. A:1時間
  2. B:3時間
  3. C:2時間

といったように時間配分を決め、スケジュールを考えていきましょう。

 

また時間配分を決める際は「最低値」で考えるのではなく、ある程度余裕を持った時間で配分していきましょう。

自分をきちんと把握し過大評価も過小評価もなるべくしないようにすると効率良く時間を使うことができます。

 

あとは同時並行出来るものは同時に行うことも大事です。

お湯を沸かしている間に野菜を切るとか電話をしながらメールするとか、上司に企画書を見てもらう間に他の作業するとか。

これを逆に野菜を切ってからお湯を沸かすとか、電話が終わってからメールするとか何か作業が終わってから上司に企画書を見せに行くとかだとかなり非効率ですよね。

 

なのできちんと「同時並行できるものはないか」ということを考えると、より効率良く時間を使えると思います。

Step3:即決即断で後回しにしない

優先順位とスケジュールを決めた後はこなしていくのみですが、ここで後回しとかにしてしまうと元も子もありません。

きちんと即決即断で行動していきましょう。

 

人間は5秒立つとやらなくてもいい言い訳を考えてしまうので、なるべく5秒以内に行動できるようにするといいと思います。

▶︎行動力を高めるための思考法

Step4:メリハリをつけて集中する

即行動して取り組むのはとてもいいことですが人間はずっと集中して行動することはできません。

時間を上手に使うコツとしては集中の波を理解し、メリハリをつけることです。

 

ちなみに人間の集中力の限界は一般的に45分と言われています。

そのため小中学校の授業時間は45〜50分に設定されていますし、大学も倍の90分に設定されることが多いです。

また集中力は15分刻みで波があります。

なので何か取り組む際は取り組む時間も休憩時間も15分刻みに設定するといいですね。

 

また集中力の波は個人差があるので15分とは言わず自分に適した時間を見つけて取り組むとなお効率良く時間を使えると思います。

Step5:量質転化の法則で効率を上げる

時間を上手く使うためにはやるべきことを早く終わらせることが大事です。

その浮いた時間を他のことに使えますからね。

なので常により早く終わらせる方法はないか考えていきましょう。

 

そのために必要な考えが量質転化の法則というものです。

簡単に言えば量をこなすことで質が上がるというものですね。

 

例えば料理とか洗濯とか掃除は毎回やることですよね。

この家事にかかる時間を半分にしたいと思い、毎日試行錯誤する中で短縮できたとしましょう。

これが量質転化の法則です。

▶︎量質転化の法則を知っていると成功しやすい理由

 

メリハリをつけて行動して行くうえで、もっと効率良く出来る部分はないかと日々考えて行くことで質を上げていきましょう。

質を上げることでまた新たな時間を生み出すことができます。

番外編:スキマ時間のススメ

隙間から覗く猫

時間の使い方が上手い人の特徴でスキマ時間を活用しているという話をしましたが、ただ単にスキマ時間を活用しようと考えるだけではまだ半分です。

スキマ時間は本当に短い時間で1分〜20分くらいといった感じでしょうか。

なのでスキマ時間が出来てから「何しようかな」と考えるのは遅いです。

 

あらかじめスキマ時間にやるべきことを決めておく必要があります。

 

僕の場合を例に挙げると

【5分以内】

  • 友達への連絡
  • ニュースのチェック

【10分以内】

  • 自分の興味のあることの勉強
  • これからやるべきことの確認

【20分程度】

  • 読書

こういった感じになっています。

 

このように時間で区切ってやることを決めておくとスキマ時間を本当の意味で有効活用することができます。

またあくまで上は僕の例なので自分流にアレンジして作ってみてください。

時間の使い方を学び人生の充実度を上げる

幸せそうに乾杯

冒頭でも書きましたが時間の使い方が上手いというのは人生の充実度が高いということです。

また時間の使い方が上手いというのは仕事の面でもプライベートな面でもどこでも生かされる能力です。

得しかないスキルだと思うのでしっかりと本記事を読み、ぜひこの機会に時間の使い方について学び人生に生かしていきましょう。

▶︎楽しくない人生を楽しすぎる人生に変える方法

 

最後までお読みいただいてありがとうございました:)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です