ライフスタイル

フリーランスに休みはあるのか?→蒼乃だいの生活から考えてみる。

フリーランス

僕は現在ブログを活用して専業で働いているのでフリーランスの扱いになります。そこでよく聞かれるのが「だいって休みあるの?」とか「いつ休んでるの?」といった質問。

中には「毎日毎日遊んでいるだけでしょ」という人もいたりします。

確かにフリーランスは会社員などと違って雇用されているわけではないので「土日休み」とか「毎週火曜日が休み」とか明確に決まっているわけではありません。

ぶっちゃけすべて自由なわけです。

 

僕はフリーランスとして2年目ですが、そんな僕のフリーランスの生活からフリーランスに休み事情について書いていきたいと思います。

休み≒仕事≒休み≒仕事…

パソコン

冒頭でも書きましたがぶっちゃけフリーランスは仕事か休みを自由に選択することができます。毎日が仕事であり毎日が休みで、自分のライフスタイルに合わせて自由に選択する事が出来ます。

なので

  • 1日数時間だけ働いてあとは休み
  • 午前中は休んで午後から働く
  • 平日に休むことも可能

といったように「自分がこの日(この時間)休みたい」と思えば、休めるわけです。

 

フリーランスは会社員と違って雇用されていないので、働き方が調整できるのです。

とはいえ毎日仕事を続けるのは大変

働き方が自由であるがゆえに「毎日仕事をしないいけない」という衝動に駆られます。斗くん平日なんかは他の人は会社員として今働いている時間に仕事しないとなると、そわそわしてきちゃうんですよね。

なので基本的にフリーランスは働き方が選べるといっても毎日仕事をしている人が多い印象があります。

特にフリーランスになってから最初の数ヶ月は、空いている時間は全て仕事につぎ込むといった働き方をしていましたね。

 

というのもフリーランスは会社員と違って「時間=収入」になるわけじゃないからです。会社員やアルバイターは「○日労働」「○時間労働」の単位で収入が決まりますよね。

時給1000円で8時間働けば8000円です。そして1ヶ月に20日働けば16万円です。

このように「時間=収入」という式が成り立ちます。

 

がしかしフリーランスは仮に8時間働いたとしても成果が出なければ収入は0になります。なので最初のうちは余裕がないので、空いている時間全て仕事につぎ込む人が多いですね。

 

こういった時にフリーランスに大事なのが「無理にでも休みを取る」ということですね。

会社員が月曜日〜金曜日まで働いて土日を休むのは、その2日間でリフレッシュして仕事の生産性が上がるからですよね。

もし上がらなければ20日働いて8日ないし10日を連続で休んでもいいわけです。

 

ちなみにスタンフォード大学の研究によるとある一定の量を超える仕事をすると生産性が落ちてしまうという結果が出たんだそう▼

  • 1週間に働く時間数が50時間を上回ると1時間当たりの生産性が激減
  • 1週間に55時間を超えると働く意味がないほどに生産力が低下

さらにこの研究では「1週間に70時間以上働く人の仕事量と1週間に55時間働く人の仕事量は同じ」と定義されていました。

 

働けば働くほどいいというわけではないということですね。

 

なのでフリーランスで毎日仕事ができるといっても毎日働くのではなく、無理にでも休みを取って働くのが大事と言えます。かのビルゲイツやスティーブ・ジョブズも休暇を取ってじっくり考える時間を作り、思考を活性化させていたといいます。

 

もし働きすぎだな…という場合には週1回ないし隔週1回でもいいので、無理にでも休みを取ることをお勧めします。

蒼乃だいの休みの取り方

石が重なっている

フリーランスに休みはないと言っても、きちんと僕は休みを取っています。ここからは蒼乃だいが実際にやっている「休みの取り方」について紹介します。

①友達と遊ぶ

まず1つ目は「友達と遊ぶこと」ですね。やはりこの時間は僕に取ってのリフレッシュ時間の何者でもありません。

旅行に行ったりお出かけしたり飲み会したり…とはいってもそのどれもがコンテンツになります。

このようなブロガーとして働いていると「人生そのものがコンテンツ」になるんですよね。

 

ただ友達と行く旅行だって旅行記として記事にすれば仕事になりますし、お出かけだって交通手段や混雑状況などをまとめれば記事にできます。

さらに飲み会だって友達との話を聞くだけで、何か新しい発見だったりヒントをもらえるかもしれません。

 

なので休みとは言いつつも仕事なのかもしれませんね:)

つまりは休み≒仕事というわけです。

②読書

2つ目は「読書」ですね。人によっては「読書は仕事になるんじゃないか」と思われがちですが、僕に取って読書は趣味みたいなものなので休みだと思ってます。

昔から母親が本が好きでその姿を間近で見てきたというのもあるかもしれませんが、小学生の頃から本が好きで実家にある本を読んだり図書館に借りに行っていたりしました。

 

高校・大学時代は少し読書から離れていたりもしましたが、フリーランスになってからまた読書の重要性に気づき、最近では月10冊を目標に読んでいます。

 

誰かが色々な検証をして色々な研究をして得た結果が2000円くらいで手に入るんですから読書はつくづく最高だなと思いますね。

読書しながら休みも取れているので、この本を読んでいる時間は僕に取ってかなり最高なひと時となっています。

③何もしない

3つ目は「何もしない」ということですね。

やっぱりパソコンの前とかスマホで仕事をしていると目が疲れてきますし、休みと言えども読書をしていても、やはり目は疲れてきます。

それだけが理由じゃないですが、何もしない時間ってかなり大事だなと思うわけです。

 

基本的に仕事をしたり本を読んだりテレビを見たりスマホをいじったり…と人間はいつも何かしらの行動をしています。

なの意図的に何もしない時間を作るのって大事なんですよね。

 

何もしない時間で将来のこととか過去のこととか自分と話をする。

こういう時間がどこかにあった方が成長できるのでは?と考えています。

 

ちなみに何もしない時間には

  • 脳をリフレッシュさせる効果
  • 心と体を休める
  • 時間の大切さを感じられる

というメリットがあります。

 

日々時間に追われる人生を送るのではなく、こういった「何もしない時間」大切にしていきたいですね。

完全な休みというのは存在しない

タバコ禁止

フリーランスは毎日が仕事であり毎日が休みの職業ですが、完全なる休みは存在しないのかなと思います。

会社員のように平日働いて土日休みという感じであれば、土日は完全なる休みを呼べると思いますが、フリーランスはそうじゃない。

基本的に自分のライフスタイルに合わせて自分で選択していかなければいけません。

 

なのでどういうサイクルなら1番パフォーマンスを発揮できるのか常に考えて行動していきたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です