アドセンスで稼ぐ編

【慣れれば簡単】未来予測記事はテレビやイベントからネタを探そう!

記事のネタの中に「未来予測記事」というものがあります。

 

名前の通り「未来を予測して書く記事」のことです。

会社勤めをしているや時間がなかなかとれない方には

とてもおすすめな方法ですね!

 

うまくいけば爆発的なアクセスを呼び込むことができますし、

トレンドに似た手法なので世間の需要なんかも

掴みやすくなります。

 

というわけで今回の記事では

未来予測記事のネタ探しの方法や流れなんかについてまとめてみました!

 

ではでは、お話ししていきますね。

そもそも未来予測記事って何?

まず未来予測記事ってなんぞや?

というところから話していきますね。

 

冒頭では「未来を予測して書く記事」と書きましたが

厳密には違います。

 

未来を予測するといっても

○月○日に隕石が衝突!

なんていう未来予測をするわけではありませんからね。笑

 

未来予測記事とは

きちんとした根拠があってこその未来予測となります。

 

つまり

未来に〇〇があるからそれによってこのような需要が出てくるだろう

という予測をしていかなければいけないということです。

 

では続いてそんな未来予測記事の

ネタ探しの方法について話していきますね。

未来予測記事のネタ探しの方法。

今回はネタ探しの方法を2点に分けて話していきますね。

①テレビ欄から予測。

まずは「テレビ欄から予測」していくものです。

 

テレビ欄はだいたい1週間後くらいまでのものは

出ているのでその番組内容をもとに予測を立てていきます。

 

例えば

〇〇の鬼嫁について調査!

みたいな番組内容だったとしたら

その鬼嫁がどんな人物なのか?というところに

注目が集まりますよね。

 

そういうところを予測して

〇〇の嫁についての記事を先に書いておくというイメージです。

 

また名も知られていない人なんかも番組内容に乗っていたりするので

先回りして書いておくというものもあります。

 

大事なのはその番組を見た人が

何に注目して話題になってどんな検索需要が生まれるのか?

というのを予測することです。

 

ここはなるべく根拠のあるものを書いていきましょう。

 

闇雲に

「番組内容に〇〇と書いてあるから〇〇に注目が集まるんだ!」

と思って書いてもアクセスはきません。

 

〇〇のどんなところに注目が集まるかわからないからです。

 

なので番組内容からある程度予測していく必要があります。

 

これはある種、経験も大切ですが想像力が1番大事です。

頭を柔らかくして需要を考えていきましょう!

②イベントから予測。

続いて「イベントから予測する」というものです。

 

こちらもテレビ欄からの予測と似ているやり方です。

 

イベントとは

甲子園とかワールドカップとかオリンピックなどのことを指します。

またライブやお笑いの大会、季節もののクリスマスなども含まれますね。

 

こういったイベントを見た人が何を検索するのか?

ということを予測して書くのがイベントから予測する方法です。

 

甲子園であれば前々から注目されている選手とか

お笑いの大会ならエントリーしている無名な人を書くとか

クリスマスなら話題のスポットなんかもいいと思います。

 

このようにその時にどんな需要が発生するのか?

ということを意識してネタ選定していきましょう!

 

こちらも慣れてしまえばとても簡単です。

ニッチなイベントなんかもあるので調べてみて

そういうものも狙っていくのもアリですね:)

 

 

とにかくどちらも根拠のあるものを書いていくのが大切です!

最初は難しいかもしれませんが経験していけば慣れていって

だんだんと当てれるようになっていくので。

 

また分からなければ終わった後に

調べてみるのもいいと思います。

「答え」を見て学んで生かしていきましょう!

未来予測記事のネタ探しから記事を書くまでの流れ。

では最後に「未来予測記事を書く流れ」を話していきますね。

 

①ネタ選定

ここは他のネタ探し同様、時間をかけずにやっていきましょう。

目安は同じように5分〜10分ですね。

テレビ欄やイベントからでもいいですし、

その他未来予測できるようなものであれば

なんでもOKです。(根拠があれば)

 

また未来予測記事で狙うネタはブログの運営機関や

ドメインパワーによっても変わってきます。

弱ければニッチなものなどを狙い、強ければビッグなものを

狙うなど自分の状況によって戦略を変えていきましょう!

 

②タイトルをつける

タイトルをつける際には「根拠」を意識して書いていきましょう!

なぜそのキーワードを選んだのか?

ということがしっかり言えるとgoodですね!笑

 

③記事を書く

タイトル付けも終わったら記事を書いていきましょう!

読者が何に興味を示すか、注目が集まるのは何なのか

ということを常に意識して書いていきましょう!

 

記事を書く際には読者の疑問が解消されるのかどうか

ということを考えてやっていきましょう!

(これは未来予測記事に限りませんが)

 

 

と流れはこんな感じですかね!

 

ぜひ参考にして実践してみてくださいね!

トレンドを狙えない時でも未来予測でカバーしよう!

というわけで!

今回は「未来予測記事のネタ探し方法」などについて

まとめてみました!

 

未来予測記事はトレンドに似た要素を持っているので

「時間がなくてトレンドなんて狙えない…」

といった方におすすめです!

 

未来予測記事でトレンドの分をカバーして

取り組んでいきましょう!

 

ここで検索需要を予測が上手く慣れば

そのスキルはどこでも使えるので習得しておきたいところですね^^

 

最後までお読みいただいてありがとうございました:)

【蒼乃だいの公式メールマガジン(無料)】青春大学自由学部。