ブログ

ブログに使えるおすすめフリー画像サイト8選!【画像にこだわる】

ブログに使えるおすすめ画像サイト

ブログは画像にこだわった方がいいの?

ブログに使えるおすすめのフリー画像サイトは?

フリー画像サイトを使う際の注意点や検索のコツが知りたい!

この記事では上記のような悩みを持つ方に向けて記事を書いています。

 

この記事の内容

・おすすめフリー素材・画像サイト

・おすすめ有料素材・画像サイト

・ブログ画像にこだわった方がいい理由

・フリー画像サイトを使う際の注意点や検索のコツ

この記事を書いている僕はブログ歴は2年ほどで、フリー画像サイトや有料画像サイトを使用してサイト運営しています。

 

ブログは文章だけ意識するのではなく、画像もかなり大事な要素です。

僕も画像にはかなり気を使ってサイト運営していますし、画像のおかげで「ブログ見やすいですね!素敵ですね!」と呼ばれることも増えました。

 

どんな画像サイトを使っているんですか?という声もいただくので、この記事でサクッと紹介していきます。

あおのだい
あおのだい
ちなみに僕がよく使っている画像サイトは以下の3つです。

あなたが使うべき画像サイトはこちら。

あなたが使うべき画像サイト画像サイト診断を作ったので、使うべき画像サイトを診断してみてください。

画像サイトフローチャート

※ 結構独断と偏見のイメージで当てはまらない可能性もありますので、自分の目でどんな画像サイトか確認してみてくださいね。

あおのだい
あおのだい
自分が使うべき画像サイトが分かりましたか?

ブログにおすすめのフリー素材(画像・イラスト)サイト5選

フリー画像サイトまずはブログにおすすめの「フリー画像サイト5選」について紹介していきます。

  1. O-DAN(オーダン)
  2. Unsplash(アンスプラッシュ)
  3. いらすとや
  4. ICOOON MONO(アイコン モノ)
  5. FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)
あおのだい
あおのだい
では1つずつ解説していきますね。

① O-DAN(オーダン)

O-DANO-DANは38ものサイトから画像を探してくれます。

検索で出てくる画像も多いですし、とにかく速く画像を探したい人におすすめです。

O-DANで探せるサイト

・Unsplash

・Pixabay

・Pexels

・StockSnap

※ これ以外にもたくさんあります。

 

O-DANは画像・イラスト・ベクターといった素材がありますが、個人的に使ってみた感想としてはイラストやベクターは少ないです。

O-DANの画像基本的に画像がメインで海外で撮ったようなものが多いですね。

 

おしゃれなブログにしたい方はO-DANを使ってみるといいでしょう。

料金無料
画像の種類画像・イラスト・ベクター
検索方法主に英語だが日本語でもOK
著作権表記の有無不要

O-DAN(オーダン)を使ってみる

② Unsplash(アンスプラッシュ)

UnsplashUnsplashは海外のフリー画像サイトで、おしゃれな写真が多いです。

 

英語検索が必須なサイトですが、画像が死ぬほど豊富なので、ブログにぴったりな画像が見つかるはずです。

Unsplashの画像サイトも使いやすく手軽におしゃれな画像が手に入るのが魅力ですね!

料金無料
画像の種類画像
検索方法英語
著作権表記の有無不要

Unsplash(アンスプラッシュ)を使ってみる

③ いらすとや

いらすとやイラストと言えば「いらすとや」が思い浮かびますよね。

最近ではYouTuberが’使用することも多いので知っている方も多いと思います。

 

様々なシチュエーションのイラストが多いので「こんなイラストあったらいいなぁ」と思って探すとだいたいあります。笑

 

ただいらすとやのイラストは良くも悪くも特徴的でオリジナリティは低いです。

いらすとやの画像ワンポイントで使うのはいいかもしれませんが、いらすとやメインで使うのはおすすめしません。。

あおのだい
あおのだい
アイキャッチ画像の一部として利用するのがいいかもしれませんね!
料金無料
画像の種類イラスト
検索方法日本語
著作権表記の有無不要

いらすとやを使ってみる

④ ICOOON MONO(アイコン モノ)

ICOOON MONOICOOON MONOはアイコン素材のダウンロードサイトです。

主張が少なくシルエットのアイコン素材なので、ブログの雰囲気を壊すことなく使用することができます。

 

当ブログでよく使っている下記の吹き出しのアイコンも「ICOOON MONO」ですし、使い勝手はいいですね。

私も「ICOOON MONO」のアイコンです。笑
ICOOON MONOの画像

図を用意するときに使いがちなので登録しておくといいでしょう’。

料金無料
画像の種類アイコン
検索方法日本語
著作権表記の有無不要

ICOOON MONO(アイコン モノ)を使ってみる

⑤ FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)

FLAT ICON DESIGNFLAT ICON DESIGNはその名の通りフラットなアイコン素材があるサイトです。

ICOOON MONOはシルエットでシンプルなアイコンでしたが、FLAT ICON DESIGNは色のついたイラストに近いアイコンが手に入ります。

 

アイキャッチ画像の一部として使うと質の高いものが作れると思います。

FLAT ICON DESIGNの画像またJPG、PNG、illustrator Ai、EPS、SVGなど様々なダウンロード形式があるのも魅力的ですね。

料金無料
画像の種類アイコン
検索方法日本語
著作権表記の有無不要

FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)を使ってみる

ブログにおすすめの有料素材(画像・イラスト)サイト3選

有料画像サイトここからはフリー画像サイトではなく「有料画像サイト3選」について紹介していきます。

  1. freepik(フリーピック)
  2. Shutterstock(シャッターストック)
  3. PIXTA(ピクスタ)

画像にこだわりたい方は有料画像サイトを使っていきましょう。

あおのだい
あおのだい
では1つずつ解説していきますね。

① freepik(フリーピック)

freepik当ブログで1番使用している画像サイトが「freepik」です。

僕は有料の月間プランを使っています。

 

とにかく質が高くてイラストやベクターのものが多いのが魅力的ですね。

また有料画像サイトの中ではダントツで料金が安く利用できるのも最高です。

 

無料で使える画像もありますが、有料に比べると画像数は格段に減ります。

 

一度、無料で使ってみてこれからも使うようであれば有料に移行していくのがいいですね!

料金約1,000円/月(無料で使えるものもある)
画像の種類画像・イラスト・ベクター
検索方法英語
著作権表記の有無不要

freepik(フリーピック)を使ってみる

② Shutterstock(シャッターストック)

Shutterstock有料画像サイトといえば「Shutterstock」が1番有名で、多くのブロガーが愛用していることでも有名です。

愛用しているブロガー
  • マナブさん
  • クニトミさん
  • Tsuzukiさん

 

画像数は3億枚以上あるので、絶対探し求めていた画像が見つかります。

 

ただ料金がものすごい高いんですよね。。

Shutterstockの料金このように1番安いプランでも「3.500円」です。(しかも画像10点で)

あおのだい
あおのだい
僕は初めてこれ見たとき「えっ」って声に出てました。笑

 

お金に余裕がある方は「Shutterstock」おすすめですが、コスパが悪いので、僕的には「freepik」の方がおすすめです!

料金3,500円〜25,000円/月
画像の種類画像・イラスト・ベクター
検索方法日本語
著作権表記の有無ほとんどの場合不要

Shutterstock(シャッターストック)を使ってみる

③ PIXTA(ピクスタ)

PIXTA正直、有料画像サイトは「freepik」と「Shutterstock」だけで十分なんですが、一応紹介します。

 

「freepik」と「Shutterstock」は海外のサイトなので、海外のおしゃれな画像やイラストが多いです。

それに対して「PIXTA」は日本の企業が運営しているサイトで、モデルも日本人が多いです。

 

なので日本っぽい画像が使いたいという方は「PIXTA」がおすすめです。

 

ただ料金がShutterstock同様に高いので、注意しましょう。

PIXTAの料金画像10点で毎月6,380円は痛いです…泣

料金6,380円〜29,480円/月
画像の種類画像・イラスト・ベクター
検索方法日本語
著作権表記の有無できる限り表記する

PIXTA(ピクスタ)を使ってみる

 

おすすめ画像サイト

【フリー画像サイト】

・O-DAN(オーダン)

・Unsplash(アンスプラッシュ)

・いらすとや

・ICOOON MONO(アイコン モノ)

・FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)

 

【有料画像サイト】

・freepik(フリーピック)

・Shutterstock(シャッターストック)

・PIXTA(ピクスタ)

ブログの画像にこだわった方がいい3つの理由

画像にこだわった方がいい理由ブログの画像にこだわるのはブログ運営においてかなり大切です。

有名なブロガーが毎月何万円も払って有料画像サイトを利用していることからも、こだわった方がいいということが分かりますよね。

 

ブログの画像にこだわった方がいい理由は…

  1. ブログの滞在時間が上がる
  2. 他のブログと差別化できる
  3. サイトの評価が上がる

こちらの3つです。

あおのだい
あおのだい
では1つずつ解説していきますね!

① ブログの滞在時間が上がる

ブログのメインはテキストコンテンツですが、ずっと文字が続くと人間は疲れてしまいます。

本でもなんでもそうですが、文字しかないものは読むのが大変です。

 

そこで画像を活用することでユーザーの滞在時間が上がります。

 

画像にこだわって適度に挿入して読みやすいブログを目指していきましょう!

文字だけのブログはよっぽど面白くないと読まれない。

② 他のブログと差別化できる

僕は色々なブログを拝見することが多いのですが、画像にこだわっているブログはそう多くありません。

つまり画像にこだわるということは「他のブログと差別化できる」というわけです。

 

ブログに参入する人が多い時代なので、他のブログとの差別化は超大事です。

 

また個人的には、有名ブロガーが愛用している画像と同じような物を使うことで「この人も有益なこと言ってるんじゃね?」的な効果があると思ってます。笑

画像にこだわって差別化を図ろう。

③ サイトの評価が上がる

画像にこだわって滞在時間が伸びるとブログの評価が高まります。

 

具体的に説明すると…

  1. 画像にこだわってユーザーに最後まで読んでもらう。
  2. 滞在時間が伸びて直帰率が下がる。
  3. Googleが「滞在時間が長くて直帰率が低い記事=ユーザーのための良い記事」と判断する
  4. ブログの評価が高まる
  5. 上位表示されやすくなる
  6. 成果が出る

といった感じです。

 

滞在時間はかなり大事な要素なので、ブログの画像にこだわって、ユーザーが読みやすいブログを作っていきましょう!

画像にこだわることがブログで成果を出す1歩目。

画像検索のコツ3選

画像検索する時のコツここからは画像検索のコツについて解説していきます。

コツを知っていればイメージ通りの画像を探すことができますし、時短にもつながります。

 

ぜひ覚えておきましょう。

 

今回は以下の3つのコツについて解説します。

  1. 絞り込みを活用する
  2. 英語で検索する
  3. 関連したキーワードで検索する

コツ① 絞り込みを活用する

大半の画像サイトは「絞り込み機能」が存在します。

 

画像なのかイラストなのかベクターなのか

  • 色は何色なのか
  • 正方形なのか長方形なのか

など絞り込み機能は豊富なので、どんどん活用していきましょう!

あおのだい
あおのだい
絞り込みを使わずに検索すると時間もかかってめんどいです。。

コツ② 英語で検索する

日本語で検索できるサイトもありますが、大半のサイトは「英語検索」です。

 

英語得意じゃないからダメだ…と思うかもしれませんが、Googleの翻訳機能などを使えば全然余裕です。

【英語検索の例】

仕事→work/job/business

ブログ→blog/pc/computer

旅行→Travel/sightseeing

などなど。

 

ぜひ活用していきましょう。

コツ③ 関連したキーワードで検索する

画像検索でイメージした画像が出てこない時は、色々と言い換えるのが大切です。

 

【関連したキーワードで検索する例】

仕事→パソコン・オフィス・サラリーマン・スーツ

旅行→飛行機・観光・地名・リゾート

お金→投資・貯金。経済・財宝

恋愛→カップル・好き・ロマンス・キス

このように色々と言い換えて関連キーワードで検索するとイメージ通りの画像を見つけることができます。

あおのだい
あおのだい
関連したキーワードで検索するのはある意味、慣れが必要なのでとにかく実践していきましょう。

フリー素材(画像・イラスト)サイトを使う時の注意点3つ

画像サイトの注意点では最後に画像サイトを使う際の注意点について解説していきます。

 

注意すべき点は

  1. ルールを守って使用する
  2. 可能ならクレジットを載せる
  3. サイズを整えて圧縮して小さくする

の3つです。

あおのだい
あおのだい
では1つずつ解説していきますね!

注意点① ルールを守って使用する

画像サイトはそれぞれ「利用規約」が存在しています。

サイトによってルールが異なるので、利用する際は規約をチェックするようにしましょう。

 

主に

  • 販売禁止
  • 再配布禁止
  • 引用元を掲載

などがありますね。

あおのだい
あおのだい
ただブログで使用するくらいならほぼ大丈夫なので安心してください。

注意点② 可能ならクレジットを載せる

ほとんどのサイトでは不要ですが、たまに「クレジット」を載せなければいけないサイトがあります。

クレジット(コピーライト)とは…?

クレジットやコピーライトとは、その写真が自分が撮ったものである、著作権があるといういわば署名のようなものです。 引用:ミツモアMedia

 

要は「誰々が撮った写真ですよ」という証明ですね。

 

今回紹介した画像サイトはほぼOKですが、いつ利用規約が変わってもおかしくはないので、利用する際は確認してくださいね。

注意点③ サイズを整えて圧縮して小さくする

画像サイズが大きいと読み込むのに時間がかかりサイトが重くなります。

特に画像サイトに載っているものは、綺麗で質の高い画像が多いので、サイズが大きいです。

 

サイトの読み込みが遅いとユーザーが離れて行ってしまうので、利用する際は「サイズを整えて圧縮」していきましょう。

 

圧縮すると画質が下がりますが、ブログを読みに来る人は写真目的じゃないので、できるだけ圧縮するようにしましょう。

あおのだい
あおのだい
100KB以下(理想は50KB以下)にできるといいですね!

ブログに使用する画像にこだわると質が上がる【まとめ】

ブログ画像にこだわると質が上がるこの記事ではブログに使えるフリー画像サイトといったテーマで解説してきました。

おすすめ画像サイト

【フリー画像サイト】

・O-DAN(オーダン)

・Unsplash(アンスプラッシュ)

・いらすとや

・ICOOON MONO(アイコン モノ)

・FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)

 

【有料画像サイト】

・freepik(フリーピック)

・Shutterstock(シャッターストック)

・PIXTA(ピクスタ)

今回紹介した「フリー画像サイト」「有料画像サイト」を駆使すれば、イメージ通りの画像を見つけられます。

 

画像にこだわってブログ運営していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です