ブログ

ブログ=オワコン説は前からあるから気にせずやろうって話【2020年】

ブログ=オワコン説

ブログはオワコンなんじゃないの?

2020年からブログを始めても大丈夫なの?

ブログの運用方法のコツが知りたい!

この記事では上記のような悩みを持つ方に向けて記事を書いています。

 

先日、こういったツイートをしました。

ツイートからもわかるようにブログはオワコンじゃなくて、何年も前から言われてるので気にせずやるのが1番です。

 

この記事ではブログがオワコンじゃない理由や2020年以降のブログの運用方法について解説していきます。

あおのだい
あおのだい
ちなみにこの記事を書いている僕はブログ歴は2年ほどで、2018年からブログを始めて毎月安定して6桁稼いで暮らしてます。

 

  • ブログやろうと思ってるけどオワコンだったらやりたくない…
  • ブログはオワコンじゃないってわかってるつもりだけど安心したい…

という方はぜひ読んでみてください。

ブログはオワコンじゃないよ

ブログはオワコンじゃない最初に結論を書きますが「ブログはオワコンじゃない」です。

 

僕がブログに参入したのは2018年5月のことですが、当時から「ブログはオワコン」とよく言われていました。

  • 「もうブログで稼げる時代は終わった」
  • 「これからはyouTubeやTikTokなど動画の時代!」
  • 「企業が参入してきて本当に無理」

など毎回毎回ボジョレーヌーボーのキャッチコピーかのように色々な観点から「ブログはオワコン」という声がありました。

 

またこのように言われてる中でも「ブログで稼ぐ人」が次々出てきます。

本当にブログがオワコンだったらそんな人出てこないですよね。

インターネット広告費がテレビメディア広告費を超えた

電通が発表した「2019年 日本の広告費」によるとテレビメディア広告費をインターネット広告費が超えています。

2019年 電通 日本の広告費

引用:dentsu 2019年 日本の広告費

また図を見ればわかるようにインターネット広告費は毎年成長しています。

 

ブログの収益は広告費なので、インターネット広告費が成長中=ブログはオワコンじゃないと言えます。

ブログ=オワコン説でよくある質問

ブログ=オワコン説でよくある質問ここからはブログ=オワコン説でよくある質問について答えていきます。

  1. ブログに参入する人が多いから無理じゃないの?
  2. Googleアップデートがあるから厳しくない?
  3. これからは動画の時代じゃないの?
あおのだい
あおのだい
今回はこの3つの質問について答えます。

①ブログに参入する人が多いから無理じゃないの?

ブログで稼ぐというのは「Googleで上位表示を目指す」ということなので、たしかにブログに参入する人が多いほど難易度は高くなります。

 

ただ全員が全員同じキーワードを狙って記事を書いているわけではありません。

Googleの Digital Marketing EvangelistのAvinash Kaushik (アヴィナッシュ・コーシック)はこのようにツイートしています。

日本語訳) この数字にはいつも驚かされる。毎日Googleに入力される検索の16%はそれまでまったく使われたことがなかった(検索だ)。毎日だ! 引用:Twitter

 

毎日検索されるキーワードの16%は新しいキーワードなわけです。

 

ライバルが多いと難易度が上がるのは間違いないですが、検索されるキーワードも膨大にあるので「ライバルが多い=ブログはオワコン」とはならないですね。

あおのだい
あおのだい
戦略を考えて狙いをしっかりすればまだまだ稼げると思います。

②Googleアップデートがあるから厳しくない?

ブログ=オワコン説が出るのはたいてい「Googleアップデート」が起こった時です。

  • 「今回のアップデートはやばい」
  • 「個人の時代は終わった」

などとGoogleアップデートがあるたびに言われています。

 

かくいう僕もGoogleアップデートに被弾するとかなり落ち込んで「ブログはもうオワコンなのかな」なんて思ったりしますが、これは単なるルール変更です。

 

マナブさんもこのようにツイートしています。

少し前までは「長文SEO」といって長文であればあるほど評価が高いルールでした。

しかし最近では「誰がその記事書いてるの?信頼できるの?」といったブランディングが大事になってきています。

 

このようにルールが変わるのがGoogleアップデートです。

 

つまりGoogleアップデートで「ブログはオワコンだ!」と声を上げているのは、前まで通用していた方法が通用しなくなったからです。

 

Googleアップデートのたびに柔軟に変化をしていかない限りはずっと稼ぎ続けることはできません。

あおのだい
あおのだい
変化することを諦めるとブログはオワコンになるよ…!

③これからは動画の時代じゃないの?

ブログ=オワコン説の影でよく言われるのが「動画の時代」という説です。

 

たしかにYouTuberが増えていますし5Gが導入されれば動画はもっと身近なものになります。

ただテキストコンテンツってそう簡単にオワコン化しますか?

インターネットがこれだけ発達した今でも「本・新聞・雑誌」は残っていますよね。

 

また何か調べるときに毎回動画見ますか?

普通に検索してテキストコンテンツのブログを読んだりする人が多いはずです。

 

動画の時代・動画の時代と言われていますが、テキストコンテンツはそう簡単にオワコン化しません。

 

動画コンテンツはたしかに成長中ですが、だからといって「動画の時代=ブログはオワコン」じゃ暴論すぎます。笑

この章のまとめ

ライバルが多くても新しい検索キーワードがたくさんあるから大丈夫。

Googleアップデートはルールの変更だから柔軟に対応すればOK。

動画の時代=ブログはオワコンは暴論すぎ。

これからブログを始める人におすすめの運用方法

ブログのこれからの運用方法では最後にこれからブログを始める人におすすめの運用方法について解説していきます。

 

稼げるブログを作るには以下の3つのポイントを意識しましょう。

この章のまとめ
  1. SNS×ブログの運営
  2. 他の人と差別化した記事を書く
  3. とにかく真似&真似

①SNS×ブログの運営

先ほど書いた通り、今のブログは「ブランディング」が大事です。

どれだけいいコンテンツを作成したとしても「誰が書いてるの?信頼性あるの?」っていう部分が見られます。

 

なのでSNS×ブログが効果的です。

SNSはブランディングにつながりますし、SEOが厳しくなった今SNSからの流入はかなり大事です。

 

また指名検索(ブログ名や名前で検索されること)があるとGoogleアップデートで下がったとしてもアクセスは安定しますし、SNSを活用するのが必須です。

あおのだい
あおのだい
TwitterやInstagramから流入を狙いましょ!

②他の人と差別化した記事を書く

ブログに参入する人が増えた今、誰でも書けるような記事はなかなか上がりにくいです。

価値があるのは自分にしか書けない記事(体験談)で「差別化」を図ることです。

 

商品レビューの記事でも特徴やメリット・デメリットだけじゃなくて、使った感想や体験談が書いてある方が読みたくなりますよね。

 

また差別化した記事が書けるとアップデートで飛びにくいので、自分の強みを生かして差別化した記事を書いていきましょう!

③とにかく真似&真似

ブログ=オワコン説を信じている人は「もうブログ書いても稼げない…」と考えているかもしれませんが、後発組は後発組で【成功者の真似できる】というメリットがあります。

 

ブログに限らず何でもそうですが、真似から入るのは最強です。

スポーツでも最初は上手い人の真似から入りますよね。

 

ブログもスポーツと同じで「上手くいく型」があります。

真似をせずに独学で挑むのはかなり難易度が高いので、最初は真似&真似をしていきましょう。

 

マリオカートをイメージしてみて

どうしても後発組で稼げるかわからない…って人はマリオカートをイメージしてみて。

あおのだい
あおのだい
後発組もメリットあるでしょ?笑

ブログはオワコンかなって気にするなら作業しよう【まとめ】

ブログ=オワコンを気にするなら作業しようこの記事では「ブログ=オワコン説」といったテーマで解説してきました。

 

簡単に内容をまとめると…

ブログはオワコンじゃない。

 

ブログがオワコンじゃない3つの理由は以下の通り。

①ライバルが多くても新しい検索キーワードがたくさんあるから大丈夫。

②Googleアップデートはルールの変更だから柔軟に対応すればOK。

③動画の時代=ブログはオワコンは暴論すぎ。

 

SNSと連携する。差別化した記事を書く・成功者の真似をするが2020年以降の運用方法。

といった感じですね。

 

ブログ=オワコン説が流れてる間は逆にライバルが少ないので、今がチャンスだったりします。

ブログはオワコンかなって気にする暇があるなら作業しようね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です