ブログノウハウ

ブロガーが「まずは100記事書きなさい」という理由について僕なりに解説

ペンとノート

ブログで稼いでいこう(アドセンスでもアフィリエイトでも)と考えて、色々調べてみると先人のブロガーから「まずは100記事書きなさい」という言葉に出会うと思います。

この100記事という量…どうして先人のブロガーはこんな事を言うのでしょうか?

そもそもどうして100記事なのか、そして何故皆が口を揃えてこの言葉を言うのか?

 

ただ単に「100記事書いたらいいんだ」と考えて書くだけでは意味がありません。きちんと「100記事書きなさい」という言葉の裏に隠された本当の意味を知る事で、より早く斉唱する事ができます。

 

本記事ではそんな「100記事書きなさい」という本当の意味について僕なりに解説していきます。

まずは100記事書きなさい

ライティング

ブログでもTwitterでもどこでもそうですが、きっとあなたも1回はこの言葉に出会った事があると思います。

実際にTwitterで調べてみたところ…

などなどまだ「100記事書きなさい」という言葉は言われているみたい。

 

言葉の意味をまんま受け取ると「ブログ記事を100記事書いたら稼ぎやすくなる」ということですが、どうして口を揃えてブロガーはこの言葉を言うのでしょうか。

ブログは継続出来ない人が大半だから

最初に結論を話してしまいますが、ブログは継続出来ない人が大半だからこそ、この言葉が流行っていて言われていると思います。

▶︎モチベーションの保ち方講座

ブログは「自分の夢」のためだったりとか「理想の人生」を叶えるために、やっていることですよね。ブログで稼ぎたいというのもそうですし、自分の記事を通して誰かの役に立ちたいとか。

でもこれって会社に勤めたりする仕事とは違って”強制”されてやるものではないわけです。

 

だからこそ三日坊主で終わってしまったり継続する事が難しいということです。

そのため「まずは100記事書きなさい」という言葉が言われているわけですね。

 

ブログをやる人にとって一番やってはいけない事が継続しない事。つまり諦めてしまう事です。

それを回避するためにブロガーは「まずは100記事」と口を揃えて言います。100記事がむしゃらにやって継続できる人はその先もブログを継続しやすくなるからです。

▶︎継続出来ないなら断続してみよう

 

心理学で「保有効果(授かり効果)」というものがあります。

これは自分が所有しているモノに高い価値を感じて、それを手放すことに抵抗を感じてしまう心理現象のことを指すのですが、100記事書いたブログにもこの心理は当てはまると思います。

せっかく100記事書いたし…となり、ブログを諦める(手放す)可能性は低くなります。

 

こういった心理効果も相まってブログ記事を100記事書けば、ブログを諦める事なく継続しやすくなるのではないかと考えています。

最初は手が動かないのが当たり前

黄昏ている犬

いざブログを書こうと思っても、初心者さんは何を書けばいいかが分からないし、どう言う記事を書けば見てもらえるのか?なんてことを考えるのは難しいですよね。

だからこそ、ブログ初心者はなかなか手が動かずにブログを諦めてしまいます。

 

それではもったいない。そして先人のブロガーは誰でもそうなる事が分かっているから「まずは100記事書きなさい」と言うのです。

まずは自分の書きたい事を書いてみる。そうしていく中で記事としての質が上がっていくわけです。

 

量質転化の法則というものがあります。

簡単に言えば「量をこなす事で質が上がっていく」という法則ですが、ブログにも当てはまります。

▶︎量質転化の法則のススメ

最初から完璧な記事を書ける人はいませんし、自分にとって完璧な記事でも読者からすれば完璧でないことなんて余裕でありえますよね。

完璧にしようとしすぎて手が動かないのであれば、まずは6割くらいの力で記事を書いてみましょう。

▶︎完璧主義ではなく6割主義の方が成功しやすい理由

 

そうして100記事を書いて量をこなせば徐々に質も上がっていきます。

「まずは100記事書きなさい」に潜んでいる罠

ここまでで「ブロガーが100記事書きなさい」という本当の意味について解説していきました。

復習すると

  • 継続するのが難しいからこそまずはがむしゃらに100記事書くのが大切
  • 最初は手が動かないから6割で記事を書いて量をこなして質を上げていく

というのが本当の意味でしたね。

 

まとめると「とりあえず継続や行動が大変だから100記事書くのが大切」となるわけなんですが…ではどういった記事を書いていけばいいのでしょうか?

ここからは少し深掘りをして、100記事の内容について言及していきます。

①日記を書いても意味がない

ブログをほぼ知らない人が「ブロガー」と聞くと芸能人のAmebaブログなどを思い浮かべると思います。(お笑い芸人・ママタレント等)

そのような人たちを思い浮かべると日々あった事を書く日記みたいなものでいいと思いがちです。

がしかしこれは完全な間違いです。

 

まずは100記事と言われても「日記」を書いてしまっては意味がありません。もしくはあなたの意見とか考えとかも同様です。

芸能人のAmebaブログにアクセスが集まっているのは、その人自体に人気があるからで、要はその人がもうコンテンツなんです。

あなたが「今日行ったラーメンが美味しかった」という記事を書くのと、福山雅治が「今日行ったラーメンが美味しかった」と書くのでは、天と地ほどの差があるわけです。

 

あなたの日記や意見や考えは、あなたが人気になり、あなた自体がコンテンツになって初めて意味を持ちます。

無名で人気もないあなたがそういう記事を書いてもアクセスは集まりませんし、もちろん稼げるようにもなりません。

 

大事なのはきちんと価値提供できる記事を書く事です。

②自分の経験を通して誰かに価値提供をする

大事なのは「価値提供」です。

要は読んでくれた人が「タメになるような記事」を書けばいいわけです。

僕の例で言うとブログで稼げないと困っている人に向けて、ブログ(アドセンス)での稼ぎ方をブログ記事にしています。

また新卒とか若い人とか将来が不安で覆われている人に向けて、人生観やライフハックなどの記事も書いています。

 

このように自分の経験を通して誰かに価値提供できるような記事を書く事が大切です。

 

先ほどの例で言うと「今日行ったラーメンが美味しかった」では日記ですが「横浜にある〇〇というラーメン屋の場所・混雑状況・口コミ」といった記事にすればOKですよね。

前者はただ単に日記になっていますが、後者は「自分の経験を通して誰かに価値提供できる記事」となっています。

 

このような記事を書いていくと、その情報が欲しいユーザーが自分のブログに引き寄せられてアクセスが増えていくわけです。

 

 

日記や考えなどは人気になってから書くようにして、最初のうちは「自分の経験を通して価値提供出来る記事」を意識して書いていくといいでしょう。

100記事書いても稼げるようになるわけじゃない

ジグソーパズルのピースが一つ外れている

まずは100記事書きなさいという言葉を目にして「100記事書けば稼げるようになるんだ」と思うのは間違いです。

中には100記事で稼げるようになる人もいるかもしれませんが、基本的にそういう人はトライアンドエラーを繰り返してきた努力の人か天才かのどちらかです。

100記事書いても稼げないなんてことはザラにあります。

▶︎起業家脳にアップデートし時間=収入ではないことを知ろう

 

なので稼げるということはあまり期待しないほうがいいでしょう。

ここを期待してしまうと100記事達成した時に「あれ?」となってしまい、ブログを辞めてしまうことにも繋がりかねません。

 

ただ100記事書いて稼げなくてもライティングスキルだったりブログ記事の書き方だったり、ペルソナの考え方、100記事書いたという事実からくる自身など様々なスキルを得る事ができます。

なので100記事書くのは無駄ではありません。

ブログ初心者は100記事書いてみよう

ブログ初心者が100記事書く際に気をつける5つのポイントは

  1. 継続が難しいからこそ100記事書いてみる
  2. 100記事という量をこなす事で質が上がる
  3. ただ単に日記や考えを書かない(あなたは福山雅治じゃない)
  4. 自分の経験を通して誰かに価値提供出来る記事を書く
  5. 100記事書いても稼げるわけじゃない事を知っておく

です!

 

ただただ記事を書くだけでなく、100記事書く意味を知っておく事でより行動しやすく成功しやすくなります。

きっと本記事で「100記事書く本当の意味」について知ってもらえたと思うので、ポイントを意識して100記事にチャレンジしてみてください。

Let’s 100記事チャレンジ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です